ここから本文です

トリンドル玲奈が大胆なベッドシーンに挑戦して話題になっているテレビ朝日系ドラマ「パーフェクトクライム」第5話。前話に引き続き、伊藤ゆみ(旧芸名・ICONIQ)と俳優の桜田通が濃厚なラブシーンを見せた。

サムネイル

イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


伊藤ゆみ(旧芸名・ICONIQ)が大胆ベッドシーン「パーフェクトクライム」を配信中>>

「パーフェクトクライム」(ABCテレビでは毎週日曜23時35分より放送、テレビ朝日では毎週土曜深夜2時30分より放送)は、電子コミックで700万ダウンロードを突破した大人気コミック『Perfect Crime パーフェクトクライム』(作画:月島綾、原作:梨里緒)が原作。上司である冬木(眞島秀和)との不倫に溺れるインテリアプランナーの前島香織(トリンドル玲奈)の前に、ニューヨーク支社から転勤してきた若き敏腕デザイナーの東雲遥斗(桜田通)が現れる――。

第5話では、冬木を追って帰国した元恋人の美和(伊藤ゆみ)が気になり、仕事が手につかない遥斗(桜田通)の過去が明かされた。美和から「ニューヨークに来ている」と連絡が入ると、遥斗は美和を自宅へと呼び出し、強引に抱きしめた。美和は、「ちょっと待って。私、結婚してるんだよ」と拒むが......。

遥斗に体を許した美和だが、冬木への思いがなくなったわけではなかった。遥斗が冬木の不倫を伝えても、あくまで「彼を愛してるの」と言った。しかし、冬木と香織の関係を知ると......! 遥斗が香織に接近した真相が明かされて、第1話のシーンへとつながった。

ネット上では、「これが遥斗の過去か」「遥斗の愛が切なすぎる」「元凶は美和か」といった声が上がっている。ついに遥斗の過去が明かされた第5話を見た上で、第1話のシーンを見返すと、もしかしたら新たな発見があるかもしれない。恋愛に嫉妬、複雑な人間関係は、今後どう展開されていくのだろうか。

2月24日放送の第6話では、遥斗が仕事のパートナーとなった香織を、じわじわと追い詰めていく。

伊藤ゆみ(旧芸名・ICONIQ)が大胆ベッドシーン「パーフェクトクライム」を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ