ここから本文です

さまざまなジャンルのビリ"ビリーちゃん"に密着し、内に秘めた野望と逆転劇を追うバラエティ番組「逆襲のビリーちゃん ~最下位に学ぶ人生の歩き方~」が、2月18日に放送された。番組MCは、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二、俳優の池田鉄洋、女優のえのきさりなが務める。

サムネイル

イメージ画像(ペイレスイメージズ/アフロ)


最下位に学ぶ人生の歩き方...ビリならではの生活ぶりに密着>>

同番組は、2月18日・25日の深夜0時12分より放送。第1回には、男子プロテニスのATPランキング(協会が定めたポイント制のルールに基づくランキング)において2050位、最下位である脇田俊輔が登場。9位の錦織圭が3590ポイント(番組収録時)の一方で、脇田はわずか1ポイントしか獲得していない。普段はセルビアを拠点に活動している脇田だが、日本に帰省中の姿を番組スタッフが追った。

「今ビリですね」と意外にも脇田は明るかった。ATPランキングはポイントが取れないとランキング外になってしまうとして、脇田は「1ポイント取ることもプロの中では難しくて、ずっと取れない人もいる。2050位でも簡単なことじゃない」と自分のランクに胸を張っていた。しかし、トッププレイヤーが何十億という年収を手にするなかで、脇田の年収はおよそ「50万円」だという。番組では、移動などの経費の捻出方法も明かしている。

番組では、医者の両親の下に生まれ育ち、有名大学に入学するチャンスもあった脇田が、なぜプロテニスプレイヤーという道を選んだかにも迫った。現在23歳の脇田は、「根本からテニスが好きだから、ビリだろうと諦めるつもりはない」と決意を語っていた。

同番組では他にも、盛況ながら万年赤字の遊園地と、1年間に客が20人しかこない居酒屋にも密着した。また、2月25日深夜に放送される第2回では、全然売れないマニアック雑誌出版社や、指名数がビリのキャバ嬢に密着する。

最下位に学ぶ人生の歩き方...ビリならではの生活ぶりに密着>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ