ここから本文です

元乃木坂46で女優の深川麻衣が主演を務めるテレビ東京系ドラマ「日本ボロ宿紀行」の第4話が、2月15日に放送された。ゲスト出演した女優・鶴田真由と深川麻衣のW入浴シーンが「色っぽい」と話題になっている。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


鶴田真由と元乃木坂46・深川麻衣がW入浴シーン「日本ボロ宿紀行」配信中>>

原案は、上明戸聡による旅レポート「日本ボロ宿紀行」(鉄人社)。父親が急死したことにより芸能事務所を引き継ぐことになった27歳の篠宮春子(深川麻衣)と、48歳の一発屋ポップス歌手・桜庭龍二(高橋和也)が、各地の"ボロ宿"に泊まる物語だ。大量に余ったCDを売り切るために2人はスーツケース1つで地方営業の旅に出る。

第4話では、「龍二と友人以上、恋人以上の関係」と自称する謎の女性・明美(鶴田真由)が現れた。仕事のことで龍二と仲たがいしてしまった春子に対して、朋美は"龍二を深く知る先輩"として、一緒に温泉につかりながらアドバイスを送った。ネット上では、「鶴田真由の色気がやばい!」「光る汗が色っぽい」「この2人の入浴シーン、俺得すぎる!」と2人のファンから歓喜の声があがっていた。また、入浴後に浴衣に着替える2人には、「服着てるほうが色っぽいのはなぜだ!?」「濡れ髪がまたいい」「卓球でダブルス組みたすぎる~」などの声が上がっていた。

深川麻衣が毎回入浴シーンを披露して話題の「日本ボロ宿紀行」。2月22日の第5話で、春子は、ある理由から休業中のボロ宿を利用して、20年前にヒットした龍二の曲「旅人」のMVを新たに作成しようと試みる。

鶴田真由と元乃木坂46・深川麻衣がW入浴シーン「日本ボロ宿紀行」配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ