ここから本文です

日本テレビ系ドラマ「家売るオンナの逆襲」第7話が、2月20日に放送された。主演を務める北川景子のポニーテール&ボウリングシャツ姿が「美しすぎる」と話題になっている。

サムネイル

Keiko Kitagawa, Oct 29, 2015 at TOHO CINEMAS in Roppongi (写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


北川景子のポニーテール&ボウリングシャツ姿がカワイイ「家売るオンナの逆襲」最新話を配信中>>

「家売るオンナの逆襲」(毎週水曜22時より放送)は、伝説の不動産屋・三軒家万智(北川景子)の活躍を描いたドラマ。2016年夏に放送された第1シリーズが好評を博し、今年1月より満を持して新シリーズが放送されるに至った。

第7話では、既婚者だが子供はいらない主義の雅美(佐藤江梨子)と、ワーキングマザーのサキ(佐津川愛美)が対立。雅美が万智、サキがフリーの不動産屋・留守堂(松田翔太)へとそれぞれ引っ越しの相談を持ちかけたところ、偶然にも同じ物件を気に入ってしまう。どちらがその物件に住むか、万智と留守堂がボウリングで対決をすることになる。

驚異のスコア0をたたき出すほどボウリングがド下手な万智は、ボウリングシャツにタイトなパンツ姿で特訓にのぞんだ。それでも一向に上達しない万智は、あるオリジナルの投法を思いつく......。ネット上では、「北川景子のポニーテールやばっ!」「ボウリングシャツ似合いすぎだろ!」「スタイルのよさが際立つな」「ボウリングの球と顔の大きさの比率がおかしい」「足の先から頭のてっぺんまで美しい」と北川景子のポニーテール&ボウリングシャツ姿に絶賛の声が上がっていた。

2月27日放送の第8話では、庭野(工藤阿須加)の父・茂雄(泉谷しげる)が「タコ焼き屋を始めたい」と訪ねてくる。お調子者でいい加減な茂雄に庭野は反対するが、万智が「自分が売る」と宣言してしまう。

北川景子のポニーテール&ボウリングシャツ姿がカワイイ「家売るオンナの逆襲」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ