ここから本文です

日本テレビ系「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜22時30分より放送)の前日譚(ぜんじつたん)となるスペシャルショートムービーが、日本テレビのショート動画サービス「テレビバ」などで公開中。第2回では、女子高生モデルの諏訪唯月(今田美桜)の日常が描かれている。

サムネイル

今田美桜、映画『デメキン』(2017/12/2 公開)
撮影:トレンドニュース


本編では見られない本当の彼ら「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」スペシャルムービー>>

第2回で描かれるのは、本編第1話の58日前である1月2日。まだ冬休みの教室には、部活の後輩たちの練習を見にやってきた魚住華(富田望生)と瀬尾雄大(望月歩)の姿があった。2人が年明けそうそう登校することについて「つらいよなぁ」と愚痴まじりに世間話をしていると、なぜか部活とは縁のないはずの唯月が現れる。なんでも制服姿での雑誌の撮影のために来たらしい。テンションを上げる魚住と瀬尾に対して、唯月は「ていうかさ、一緒に写る?」と声をかけて......。

緊迫したシーンの続く「3年A組」だが、スペシャルムービーには、生徒らの素の表情があった。本編では見られない本当の彼らを知ることで、「3年A組」をより深く楽しむことができそうだ。

「3年A組」は、自殺した女子生徒・澪奈(上白石萌歌)の死の真相を探る学園ミステリー。卒業式を10日後に控えた魁皇高校3年A組、教卓に立った担任の美術教師・柊一颯(菅田将暉)は、29人の生徒たちに「今から皆さんには、人質になってもらいます」と衝撃的な一言を言い放った。

本編では見られない本当の彼ら「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」スペシャルムービー>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ