ここから本文です

ギャル系ファッション誌『小悪魔ageha』のモデルを務めたタレントの椿彩奈や、清純派アイドルとして人気を集めた小池里奈らが、現在の活動について語った。それぞれが「ネットで一発逆転」した方法を明かしている。

サムネイル

イメージ画像 お金(ペイレスイメージズ/アフロ)


1日5時間、882日連続配信中(収録時)のネット配信の女王・なつみかんが、プライベートのない生活>>

2月19日放送のTBS系バラエティ「有田哲平の夢なら醒めないで」では、「ネットで大成功女子SP」が行われた。小池里奈、椿彩奈、タレントの菅本裕子、大食いファイターのロシアン佐藤、ネット配信の女王と呼ばれるなつみかんが集結した。

エッセイ『わたし、男子校出身です。』(ポプラ社)も大ヒットを記録した椿彩奈は、2014年に大手芸能事務所を退社した。その後、フリーでゲームの実況プレイ動画を配信し始めたところ、ゲーム番組のMCといった仕事が急増。最高月収は、エッセイを発売したころよりも多い150万円にも達した。しかし、動画配信者ゆえの苦労もあるらしい。椿がいつものように動画を配信していると、視聴者から「電車の音と間隔から察するに、椿さんの家、山手線の巣鴨と大塚の間?」と家を特定されてしまった恐怖エピソードを披露した。

出演CMは9本、雑誌の表紙を約100回飾った経歴の持ち主である小池里奈は、2016年に芸能活動を休止した。その後、留学やカフェでのアルバイトを経験して、2018年からネット配信を開始。"妹にしたいアイドル"として人気を博して、「パンツ早履きギネス記録保持者と対決」「カリスマ緊縛師から縛られる」「高性能マイクで咀嚼音(そしゃくおん)を収録」など、さまざまな過激企画に挑戦している。

同番組では他にも、菅本裕子が自宅を公開。また、1日5時間、882日連続配信中(収録時)のネット配信の女王・なつみかんが、プライベートのない生活について明かした。

1日5時間、882日連続配信中(収録時)のネット配信の女王・なつみかんが、プライベートのない生活>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ