ここから本文です

日本テレビ系「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜22時30分より放送)の前日譚(ぜんじつたん)を描いたスペシャルショートムービーが、日本テレビのショート動画サービス「テレビバ」などで公開されている。第4回では、里見海斗(鈴木仁)、真壁翔(神尾楓珠)、逢沢博己(萩原利久)が将来に悩む姿が切り取られている。

サムネイル

菅田将暉 at TOHO CINEMAS in Roppongi on October 29, 2014, Tokyo, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―スペシャルショートムービー」配信中>>

【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

事件発生から53日前に行われた3学期の始業式。3人は校舎裏のような場所に座り込み、遠くを見ていた。里見は、「もうすぐ大学生か......。俺、大学いけるのかな」と将来への不安をもらす。サッカー部のエースである里見、水泳部のイケメンマネジャーである真壁、それぞれが自分の限界をわきまえた上で、現実的な大学生活を想像していた。そんななか、頭脳明晰(めいせき)で映画をこよなく愛する逢沢は、「映画を作ってみたいな」と夢を語る......。

描かれたのは、将来のことを漠然と想像するいたって普通の高校生の日常だ。緊張感あふれる学園ミステリーの本編とは正反対。しかし、「3年A組」生徒の素の表情を知ることによって、本編での彼らの何気ない表情やしぐさから、その裏にある感情や意図を読み取ることができるかもしれない。

「3年A組」本編は、自殺した女子生徒・澪奈(上白石萌歌)の死の真相を探る学園ミステリー。卒業式を10日後に控えた魁皇高校3年A組、教卓に立った担任の美術教師・柊一颯(菅田将暉)は、29人の生徒たちに「今から皆さんには、人質になってもらいます」と衝撃的な一言を言い放つ――。

【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―スペシャルショートムービー」配信中>>

【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ