ここから本文です

日本テレビ系ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の第8話が、2月24日に放送された。主演の菅田将暉が見せた演技が「静かなる熱演」と話題を集めている。

サムネイル

菅田将暉/attends the stage greeting of the movie "Chokolietta" at TOHO CINEMAS in Roppongi on October 29, 2014, Tokyo, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「3年A組―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

「3年A組」(毎週日曜22時30分より放送)は、魁皇高校3年A組の生徒・澪奈(上白石萌歌)の死をめぐる物語。卒業式を10日後に控えた魁皇高校3年A組、教卓に立った担任の美術教師・柊一颯(菅田将暉)は、29人の生徒たちに「今から皆さんには、人質になってもらいます」と衝撃的な一言を言い放った――。

第8話で、魁皇高校の教師・武智(田辺誠一)の殺人疑惑の証拠となる動画が拡散される。しかし、瑠奈(森七菜)は動画を見返しているうちに、フェイク動画であることに気づいてしまう。生徒たちのなかで、一颯が真の犯人だという疑惑が上がり......。

生徒に詰め寄られた一颯は、「この動画をどうすべきか? 俺をどうしたいか? お前たちが決めろ」と言い残し、教室を去ってしまう。残された生徒たちは、動画と一颯について話し合いを始める。それぞれが自分の考えを述べ、真剣に意見を交換する様子をパソコンの画面越しに見ていた一颯は、「俺の伝えたかったことがちゃんと届いてたんだなぁ」と静かに涙を流した。

これまで「3年A組」では、一颯が命の尊さを伝える熱いシーンが話題になってきた。しかし、第8話で一颯が選択したのは、"教えること"ではなく、"考えさせること"。言葉では伝えきれない学びを得た生徒たちの成長ぶりに一颯は涙を流したのだった。ネット上では、「今までで1番いいシーンかも」「鳥肌が止まらない」「よくできた話だ」と称賛する声が集まっている。また、「演技うますぎる」「落ち着いてるけど、めちゃくちゃ熱い」「静かなる熱演」「本当にいい役者」と菅田将暉の演技力の高さにも注目が集まっている。

3月3日放送の第9話では、澪奈の事件の真相が明かされる。一颯は3年A組に向かって、「全ての真実を話す授業」を始めることになる......。

【無料配信】「3年A組―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ