ここから本文です

楽器を持たないパンクバンド・BiSHが、若者を中心に流行しているショート動画投稿アプリ「TikTok」でのオリジナル動画作りに挑戦した。メンバーの思い入れが詰まった楽曲「MONSTERS」を動画に使用している。

サムネイル

BiSHが「MONSTERS」に合わせて......人気TikTokユーザーとオリジナル動画を作成


【無料配信】「BiSHのキレッキレJAPAN」最新話を配信中>>

映像配信サービス「GYAO!」などで配信中のBiSHの初冠番組「BiSHのキレッキレJAPAN」(毎週月曜配信)は、BiSHが時代の最先端を行く"キレッキレ"の場所、人、モノを体を張って徹底取材する。第12回では、フォロワー数36万人を誇るカリスマTikTokユーザーの"激カワ17歳"流那、TikTok内で大流行している「全力○○」の考案者・こたつ、覆面ダンサー・かつくんの3人と一緒に、「#キレッキレJAPAN」というタグをつけて「TikTok」に投稿するためのオリジナル動画作りを行った。

セントチヒロ・チッチは、動画で使用する楽曲として、「ライブでお客さんが爆上がりする」という「MONSTERS」を推した。アイナ・ジ・エンドが、「もう(BiSHを)辞めてしまった子が歌詞を書いた。心を引き継いだので、幼なじみみたいな大切な曲」と同楽曲への思い入れを明かすと、流那、こたつ、かつくんも納得の表情を浮かべていた。

人気TikTokユーザーたちのアドバイスをもらいつつ、BiSHのメンバーは振り付けを決めていく。こうしてBiSHメンバーと流那、こたつ、かつくんの9人それぞれの個性が発揮されたショート動画は完成。TikTok内の番組公式アカウントで見ることができる。

※ヤフーオリジナル「BiSHのキレッキレJAPAN」はYahoo! JAPANアプリ、Yahoo! JAPANトップページでも無料配信される。

【無料配信】「BiSHのキレッキレJAPAN」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ