ここから本文です

日本テレビ系ドラマ「家売るオンナの逆襲」第8話が、2月27日に放送された。北川景子演じるポーカーフェイスのスーパー営業ウーマン・三軒家万智が珍しく見せた甘える姿が、「ギャップ萌え」と話題になっている。

サムネイル

Keiko Kitagawa, Oct 29, 2015 at TOHO CINEMAS in Roppongi (写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


北川景子のギャップ萌え!「家売るオンナの逆襲」最新話を配信中>>

「家売るオンナの逆襲」(毎週水曜22時より放送)は、伝説の不動産屋・三軒家万智(北川景子)の活躍を描いたドラマ。2016年夏に放送された第1シリーズが好評を博し、今年1月より満を持して新シリーズが放送されるに至った。

万智とその上司であり夫の屋代(仲村トオル)は、お互いを「課長」「三軒家」と呼び合い、夫婦らしくない堅苦しい雰囲気だった。これまで劇中で恋愛的な部分はあまり描かれておらず、2人の夫婦生活は謎に包まれていた。第8話では、万智が浮気の証拠画像を屋代に突きつけた。屋代の説得に万智も納得して、2人で一緒に帰ることに。帰り道で万智は、「課長、手をつなぎたいです」と無表情ながらも珍しく甘えた姿を見せた。

ネット上では、「なにこのギャップ!? 可愛すぎるんだけど」「究極のギャップ萌え......」「無表情なのがまたいい」「こんな奥さんいて不倫なんてするわけない」と万智の新たな一面に歓喜する声が上がっていた。

3月6日放送の第9話では、万智と屋代の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂(松田翔太)が、万智への憎しみで打ち震える......。

北川景子のギャップ萌え!「家売るオンナの逆襲」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ