ここから本文です

数々の2.5次元舞台に出演して、"2.5次元のプリンス"の異名を持つ俳優・佐藤流司が、初めてミュージカル「テニスの王子様」に出演したときにぶつかった壁を振り返った。一部のファンから、かなり厳しい言葉をぶつけられてしまったことを明かしている。

サムネイル

イメージ画像 Live music background.Vintage microphone and public(写真:アフロ)


佐藤流司が出演!「What's 2.5D?」最新話を配信中>>

動画配信サービス「GYAO!」にて配信中の「What's 2.5D?」(毎月25日更新)は、2.5次元をテーマにしたオリジナル番組。ミュージカル「刀剣乱舞」や「忍たま乱太郎」、「NARUTO」など数々の2.5次元作品に出演してきた佐藤がゲスト出演して、メインMCを務める俳優・須賀健太とトークを繰り広げた。デビューのきっかけや原作との向き合い方、2人の共演舞台などについて語っている。

佐藤は、ミュージカル「テニスの王子様」に財前光役で出演したとき、壁にぶつかったそう。「今となってはいい思い出だけど、叩かれっぷりが半端なかった。シンプルに顔面をバカにされるっていうことは、今までの人生でそんなにないわけで。(悪口を)言われるとしても、同じ学校の人に言われるとかならわかるけど、まったく知らない人に「顔が......」みたいな」と振り返った。

須賀は、ミュージカル「テニスの王子様」でジャッカル桑原役を演じた俳優・塩田康平と共演した際、佐藤の話題になったことがあるという。「「流司はすごい」って言ってた。「日替わり(上演ごとに異なるネタを披露するパートのこと)とか、自分で考えてやる」って」と言われて、佐藤は、「俺のキャラクターにセリフ自体はすごく少なくて、試合もないから、他の皆ががんばっている間に俺も何かやれることがあればいいなと思った」と当時の心境を明かした。

佐藤流司が出演!「What's 2.5D?」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ