ここから本文です

サッカーJ2の京都サンガF.C.が、テレビ朝日系「刑事ゼロ」第8話に衣装協力した。劇中にユニフォームなどのアイテムが登場して、サッカー好きたちが盛り上がっている。

サムネイル

Ikki Sawamura on February 3, 2018, in Chiba, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】京都サンガが衣装協力「刑事ゼロ」第8話を配信中>>

「刑事ゼロ」(毎週木曜20時より放送)は、20年間の記憶すべてを失った京都府警の刑事・時矢暦彦(沢村一樹)が、"敏感になった五感"と"洞察力"を頼りに事件を解決へと導く刑事ドラマ。2月28日放送の第8話では、時矢とバディを組む新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)の実の父親である金戸直実(小倉久寛)が殺人事件の容疑者として逮捕されてしまった。スポーツバーで相席になった女性が見つかれば、金戸のアリバイが証明できるかもしれない......!

京都サンガF.C.の公式Twitterアカウントは2月26日、「「刑事ゼロ」第8話にて、サンガのユニフォームやグッズなどの衣装協力をしております」と告知していた。サンガF.Cが協力しただけあって、スポーツバーのシーンには、フラッグやタペストリー、ユニフォームといったアイテムがふんだんに登場した。Twitter上では、「サンガきたー!」「まさかの京都サンガ」「京都サンガのサポーター出てるwww」といった声が上がった。

前回の第7話は、アニメ「銀魂」神楽役などで知られる声優の釘宮理恵が劇中登場したVTuber(バーチャルYouTuberの略。3DCGを使った仮想キャラクターのYouTuberのこと)の声をあてたことにより、アニメファンの間でも話題になった。「刑事ゼロ」は、刑事ドラマを普段見ない人々も振り向かせるような工夫の詰まったドラマと言えそうだ。

なお、3月7日放送の第9話で物語は最終章に突入する。タロットカードの図柄を模した猟奇殺人事件が発生。昨年も同様の事件が3件起きたが、その容疑者こそが、時矢の記憶喪失を引き起こした男・能見冬馬(高橋光臣)だった――。

【無料配信】京都サンガが衣装協力「刑事ゼロ」第8話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ