ここから本文です

日本テレビ系ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の最終回直前の第9話が、3月3日に放送された。主演・菅田将暉の三回忌から始まる驚きの展開に、視聴者からは、「展開が予想できない」といった声が上がっている。

サムネイル

菅田将暉/attends the stage greeting of the movie "Chokolietta" at TOHO CINEMAS in Roppongi on October 29, 2014, Tokyo, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜22時30分より放送)は、魁皇高校3年A組の生徒・澪奈(上白石萌歌)の死をめぐる物語。卒業式を10日後に控えた魁皇高校3年A組、教卓に立った担任の美術教師・柊一颯(菅田将暉)は、29人の生徒たちに「今から皆さんには、人質になってもらいます」と衝撃的な一言を言い放った――。

第9話は、数年後の3月9日、一颯の三回忌からスタートした。元3年A組の生徒たちの意外な進路や恋愛模様が明かされ、まるでエピローグのような雰囲気が流れた。久しぶりに再会した生徒たちを前に、映画研究会に所属していた逢沢(萩原利久)は、撮影していた澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像を公開。そこには、澪奈と茅野さくら(永野芽郁)との意外な友情関係や、澪奈を陥れた"フェイク動画"についての一颯とのやりとりなども収録されていた。
他にも第9話では、突然現れた謎のヒーローの正体が明かされたり、さくらが事件を根本から揺るがす一言を言い放つなど、衝撃的な展開が盛りだくさんだった。

ネット上では、「最終回が予想できない」「これ一体どうなるの!?」「最終回まで待てない」「今週は、授業に身が入らなそうです」「とりあえず毎日観直します!」など、さまざまな反響が上がっている。

最終回は、作中の"最後の日"と同じ3月10日に放送される。事件の真相や、一颯の目的に注目が集まる。

【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ