ここから本文です

高畑充希主演のTBS系ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(毎週金曜21時より放送)の第8話が、3月1日に放送された。夏目惣一郎を演じる西島秀俊が、"変質者"スマイルを披露した。

サムネイル

Hidetoshi Nishijima, October 29, 2018 - The 31st Tokyo International Film Festival.(写真:2018 TIFF/アフロ)


西島秀俊、 "変質者"スマイルの演技力!「メゾン・ド・ポリス」を配信中>>

「メゾン・ド・ポリス」は、新米刑事の牧野ひよりが、夏目惣一郎、伊達有嗣(近藤正臣)、迫田保(角野卓造)、藤堂雅人(野口五郎)、高平厚彦(小日向文世)ら退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の住人に振り回されながら事件を解決していく1話完結形式の刑事ドラマ。

ある日、館林桃香(住田萌乃)という1人の少女がシェアハウスにやってきた。祖父が遭ったオレオレ詐欺の犯人を捕まえて欲しいという。そんななか、送り主不明の謎の小包がシェアハウスに届く。中にはスマホが2台入っており、その1台に「藤堂を誘拐した」という電話がかかってくる。もう一方のスマホには、血を流して倒れている藤堂の画像が送られてきた。

かわいらしい桃香にメロメロになるおじさんたちだったが、夏目だけは「子供に慣れてないんで」と気むずかしい表情。高平に笑顔を促されると、夏目はニヤッと引きつった笑顔を披露した。不慣れな笑顔に桃香はドン引き。高平は、「変質者~!」と冷やかしの言葉を投げかけた。

普段はクールな夏目が見せた"変質者"スマイルに、ネット上では「本当に変質者に見えた!」「あんなにイケメンなのにゾクっとしたw」「西島さん変質者役もいける!」などの声が上がっていた。二枚目役の多い西島秀俊が、何気ないワンシーンで演技力の高さを見せ付ける格好となった。

3月8日放送の第9話は、最終回の直前。いよいよ、ひよりたちがフリージャーナリストの真琴(東風万智子)とともに、ひよりの父親の転落事故に迫る。

西島秀俊、 "変質者"スマイルの演技力!「メゾン・ド・ポリス」を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ