ここから本文です

実業家でインフルエンサーの"ゆうこす"こと菅本裕子が、自身がプロデューサーを務めるフェスイベントの構想を語った。モテクリエイターとして支持を集める菅本だが、今回はあえて"モテ"を封印するらしい。

サムネイル

ゆうこす、あえて"モテ"を封印!? ファンも巻き込み誕生日フェスの準備中


【無料配信】「ゆうこす商店街25」最新話を配信中>>

日本屈指のインフルエンサーとして知られる菅本の冠番組「ゆうこす商店街25」(動画配信サービス「GYAO!」にて配信中)では、菅本が自身の誕生日フェスに向けて、企画・プロデュース・出演オファーなどすべて1人で準備する過程に密着している。

同番組の第2回で、フェスのタイトルや方向性を話し合う中で、菅本は、「とにかくふざけたいなぁ」と語った。「フォロワーがすごく増えてきて、『ゆうこすちゃんはかわいくなきゃいけない』とか『ぶりっ子じゃなきゃいけない』とか、言われてすごくうれしいんですけど、なんかもうそろそろふざけたいんですよね。いい意味で、ですよ」と本音をもらした。どうやら誕生日フェスは、モテ以外の菅本の魅力を味わえるものとなるようだ。

誕生日フェスの準備には、ファンも巻き込んでいく。菅本は3月1日にTwitterで、「ゆうこす商店街25作戦会議アカ」というLINEグループを作ったことを報告するとともに、「3/16にリアルでみんなで会いたくて!みんなで打ち合わせしましょう!!チームゆうこす!!!男女年齢問いません!誰でも!お願いします!」と協力を呼びかけてもいる。

SNSを通じた情報発信に定評のある菅本が、彼女の武器として知られるモテを封印して、さらにファンも巻き込んで何をするのか......!? どんどん意外な方向に転がっていく誕生日フェスのゴールがどんなものになるのか、目が離せない。

【無料配信】「ゆうこす商店街25」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ