ここから本文です

ひとり芸ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり2019」(3月10日、カンテレ・フジテレビ系で決勝戦を生放送)で、見事ファイナリストに選出されたお笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿。IKKOのモノマネをきっかけにブレークを果たした松尾は、IKKOに大きな恩を感じているようだ。

サムネイル

ファイナリスト No.1 チョコレートプラネット・松尾


テレビ放送同時配信「R−1見ながら裏生トーク ~カジサックのGYAO!部屋~」(3/10 19:00頃~21:00頃)>>

【生配信】ファイナリスト集合!「R−1ぐらんぷり延長戦 ファイナリスト大反省会 ~同情するなら仕事くれ!SP~」(3/10 21:00頃~22:30頃)>>

「R-1ぐらんぷり2019 決勝進出者発表会見」(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】『R-1ぐらんぷり』の放送では見られなかった、過去出場者のネタ映像(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】「R-1 アマチュア動画ぐらんぷり2019」10組すべての1分動画(~3/10 20:59)>>

ケンドーコバヤシがMC「ガチンコ!R-1への道」(毎週金曜更新・全7回)>>11:50 2019/03/06

■妹から「目が死んでいる」と言われた過去

IKKOや坂上忍のモノマネで一躍ブレークした松尾が、「R-1ぐらんぷり2019」で決勝戦へと駒を進めた。昨年は結婚もしており、36歳の松尾は、公私ともに順風満帆といったところ。松尾がお笑い芸人を目指したのは、かつて段ボール工場で働いていたとき、妹に「目が死んでる」と言われ、このままではダメだと一念発起したのがきっかけ。

■夢は「IKKOさんと旅番組をやること」

「R-1ぐらんぷり2019」へチャレンジした理由を、松尾は、「昨年は相方(長田庄平)が決勝に進出したので、「今年は自分が」と思いました」と語った。「優勝賞金は、IKKOさんのために何か使いたい」と決めており、「IKKOさんと旅番組をやりたい」という夢も明かした。ブレークのきっかけとなったIKKOに恩返しをしたいという気持ちが強いようだ。

また、「優勝してコンビに還元したい」「相方とネタをやっていて楽しい」とチョコレートプラネットへの愛着をうかがわせる言葉ももらした。憧れている芸人はペナルティのワッキーで、仕事がない時代にワッキーの活躍を見て奮起したこともあるという。そんな松尾は、今大会のライバルとして、霜降り明星の粗品の名前を挙げている。

テレビ放送同時配信「R−1見ながら裏生トーク ~カジサックのGYAO!部屋~」(3/10 19:00頃~21:00頃)>>

【生配信】ファイナリスト集合!「R−1ぐらんぷり延長戦 ファイナリスト大反省会 ~同情するなら仕事くれ!SP~」(3/10 21:00頃~22:30頃)>>

「R-1ぐらんぷり2019 決勝進出者発表会見」(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】『R-1ぐらんぷり』の放送では見られなかった、過去出場者のネタ映像(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】「R-1 アマチュア動画ぐらんぷり2019」10組すべての1分動画(~3/10 20:59)>>

ケンドーコバヤシがMC「ガチンコ!R-1への道」(毎週金曜更新・全7回)>>11:50 2019/03/06

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『R-1ぐらんぷり2019』ファイナリスト

サムネイル
ファイナリスト No.1 チョコレートプラネット・松尾


エントリーNo.1079
名前:チョコレートプラネット松尾
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京
生年月日/血液型 :1982年8月18日/O型
出身地:神奈川県
趣味・特技:趣味/バスケットボール、スノーボード 特技/歌、ダンス
芸歴:13年目
主な受賞歴:NHK新人お笑い大賞 大賞(2015)

過去3大会分のR-1戦歴
2016年:出場せず
2017年:3回戦進出
2018年:出場せず

・・・・・・・・
3月10日(日)の「R-1ぐらんぷり2019」決勝戦は、カンテレ・フジテレビ系で全国生放送される。動画配信サイト「GYAO!」では、当日14時30分頃から16時頃まで「敗者復活ステージ」を独占生配信。テレビ放送と同時に19時頃から21時頃まで「R-1見ながら裏生トーク ~カジサックのGYAO!部屋~」を配信。当日21時頃からは、ファイナリスト全員が出演予定のスペシャル番組「R-1ぐらんぷり延長戦 ファイナリスト大反省会 ~同情するなら仕事くれ!SP~」を生配信する。情報は、「GYAO!」の「R-1ぐらんぷり2019」特設ページで、随時更新。

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ