ここから本文です

ひとり芸ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり2019」(3月10日、カンテレ・フジテレビ系で決勝戦を生放送)で、芸歴17年目のこがけんが初の決勝進出を決めた。ハリウッド映画モノマネで、フジテレビ系「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」でも活躍するこがけんが、いよいよブレークのきっかけをつかもうとしている。

サムネイル

ファイナリスト No.3 こがけん


テレビ放送同時配信「R−1見ながら裏生トーク ~カジサックのGYAO!部屋~」(3/10 19:00頃~21:00頃)>>

【生配信】ファイナリスト集合!「R−1ぐらんぷり延長戦 ファイナリスト大反省会 ~同情するなら仕事くれ!SP~」(3/10 21:00頃~22:30頃)>>

「R-1ぐらんぷり2019 決勝進出者発表会見」(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】『R-1ぐらんぷり』の放送では見られなかった、過去出場者のネタ映像(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】「R-1 アマチュア動画ぐらんぷり2019」10組すべての1分動画(~3/10 20:59)>>

ケンドーコバヤシがMC「ガチンコ!R-1への道」(毎週金曜更新・全7回)>>11:50 2019/03/06

■公園清掃のアルバイトで生活する日々

徐々にメディア露出を増やしているこがけんだが、芸人としての月収は5,000円以下とほとんどなく、公園をまわって落ち葉などを集める清掃のアルバイトでやりくりしているそうだ。同期には、エハラマサヒロ、もう中学生、ですよ。と、バラエティをにぎわせるピン芸人が多数。40歳で苦労人のこがけんは、「事務所(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)内で知られてない芸歴を重ねた芸人でも、結果を残せることを証明したい」「芸だけで食べていけるようになるにはR-1ぐらんぷりで優勝しなければ」と、決勝への意気込みを語っている。

こがけんは、ハリウッド映画モノマネの他にも、持ち前の歌唱力を生かした歌ネタを武器にしており、"歌ネタといえば、こがけん"と言われたいという野望も持つ。作詞作曲もすべて自身で務めた、映画の死にそうな登場人物あるあるを歌った「死亡フラグの歌」は、一時期ネット上を中心に話題になった。

■賞金500万円の使い道は、「映画を撮りたい」

こがけんは、カラオケや料理など、多彩な趣味を持ち合わせている。とくに映画鑑賞については、人並み以上の思い入れがあるようで、「こがけんシネマクラブ」という映画トークライブを定期的に開催している。「R-1ぐらんぷり」の優勝賞金の使い道についても「映画を撮りたい」と語る。

テレビ放送同時配信「R−1見ながら裏生トーク ~カジサックのGYAO!部屋~」(3/10 19:00頃~21:00頃)>>

【生配信】ファイナリスト集合!「R−1ぐらんぷり延長戦 ファイナリスト大反省会 ~同情するなら仕事くれ!SP~」(3/10 21:00頃~22:30頃)>>

「R-1ぐらんぷり2019 決勝進出者発表会見」(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】『R-1ぐらんぷり』の放送では見られなかった、過去出場者のネタ映像(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】「R-1 アマチュア動画ぐらんぷり2019」10組すべての1分動画(~3/10 20:59)>>

ケンドーコバヤシがMC「ガチンコ!R-1への道」(毎週金曜更新・全7回)>>11:50 2019/03/06

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『R-1ぐらんぷり2019』ファイナリスト

サムネイル
ファイナリスト No.3 こがけん


エントリーNo.715

名前:こがけん
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京
生年月日/血液型:1979年2月14日/A型
趣味・特技:カラオケ、映画鑑賞、ハリウッドモノマネ、料理、ダンス
芸歴:17年目

過去3大会分の「R-1」戦歴
2016年:1回戦敗退
2017年:2回戦進出
2018年:準々決勝進出

3月10日(日)の「R-1ぐらんぷり2019」決勝戦は、カンテレ・フジテレビ系で全国生放送される。動画配信サイト「GYAO!」では、当日14時30分頃から16時頃まで「敗者復活ステージ」を独占生配信。テレビ放送と同時に19時頃から21時頃まで「R-1見ながら裏生トーク ~カジサックのGYAO!部屋~」を配信。当日21時頃からは、ファイナリスト全員が出演予定のスペシャル番組「R-1ぐらんぷり延長戦 ファイナリスト大反省会 ~同情するなら仕事くれ!SP~」を生配信する。情報は、「GYAO!」の「R-1ぐらんぷり2019」特設ページで、随時更新。

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ