ここから本文です

フジテレビ系ドラマ「後妻業」(毎週火曜21時より放送)のチェインストーリー第7.5話で、女優の篠田麻里子が女性同士の取っ組み合いのケンカを演じた。

サムネイル

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「後妻業」が、1月22日よりスタート(毎週火曜21時~)


【無料配信】「後妻業」最新話を配信中>>

「泥棒猫!」「ババア猫!」篠田麻里子、女性同士の取っ組み合いのケンカを演じる『後妻業』第7.5話>>

動画配信サービス「GYAO!」で配信されているチェインストーリーは、物語をつなぐ本編とはひと味違う特別ドラマ。「後妻業」のチェインストーリー第7.5話では、大坂・新地のホステス・繭美(篠田麻里子)が、新人ホステス・理紗(池上紗理依)に柏木(高橋克典)を寝取られて激昂する。

ある日のクラブ「与志乃」のオープン前。ホステスたちがメイクなどの準備をしているなか、胸元がざっくり開いたタイトな赤いドレス姿の繭美が現れた。後輩ホステスらは立ち上がりあいさつをするが、繭美は真っすぐ理紗の元へ。「あんたに話があるんやけど?」と、柏木を寝取った理紗を問い詰めた。しらばっくれる理紗だが、繭美がたたみかけるとついに白状。しかし、反省するどころか、「ぶっちゃけ寝ましたよ、柏木さんと。なんべんも」と開き直り......。

理紗の態度に、我慢の限界をむかえた繭美は「泥棒猫!」と強烈なビンタをお見舞い。しかし、理紗も負けてはおらず、「ババア猫!」とやり返した。倒れた繭美は、履いていたヒールを脱ぎ捨て、なりふり構わず理紗に飛びかかり、壮絶なキャットファイトとなった。2月に"交際0日婚"をして話題になった篠田が、女優として新境地を開いたようだ。

「GYAO!」では、3月5日~3月12日20時までの間、第1~7話の振り返り無料一挙配信を行っている。また、チェインストーリーは1.5話~7.5話まで配信されている。

タイトルにもなっている"後妻業"とは、遺産相続目当てで資産家の老人を狙った結婚詐欺のこと。結婚相談所を経営する柏木亨と、彼が裏で営む後妻業のエース・武内小夜子(木村佳乃)のペアと、小夜子に狙われた資産家・耕造(泉谷しげる)の娘である中瀬朋美(木村多江)と、彼女の知人である私立探偵・本多芳則(伊原剛志)のペアが、大阪を舞台に壮絶なバトルを繰り広げる。原作は、黒川博行による同名小説。

【無料配信】「後妻業」最新話を配信中>>

「泥棒猫!」「ババア猫!」篠田麻里子、女性同士の取っ組み合いのケンカを演じる『後妻業』第7.5話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ