ここから本文です

菅田将暉主演の『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』。
筆者は初回放送直後、「『今日から俺は!!』を超える大成功となる予感に満ちた初回」と評した(「菅田将暉に同居する悪と善~『3年A組』は日テレドラマの新たな勝利の方程式!?~」)。実際に視聴率は右肩上り基調となり、最終回1回前で12.9%と、『今日から俺は!!』最終回の12.6%を超えてきた。

サムネイル

3ドラマのツイート数動向


【無料配信】「3年A組―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

本編では見られない本当の彼ら「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」スペシャルムービー>>

しかもツイート数がすごいことになっている。
この状況では、10日放送の最終回は数字をさらに積み上げてくるだろう。ここまでの盛り上がりぶりを再確認しておきたい。

久々の右肩上り

『3年A組』は、初回の視聴率が10.2%の後、4話で9.3%と一桁があったが、基本的には右肩上りとなり、5話以降10.4%→11.7%→11.9%→12.0%→12.9%と快進撃を続けている。

すごいのはリアルタイム視聴率だけではない。
録画再生などのタイムシフト視聴率も、2月に入って5話以降10.0%→10.0%→10.1%→10.4%と、全番組の中で1位を獲り続けている。

数字的には少し届いていないが、放送中に一度も視聴率を下げなかった『逃げるは恥だが役に立つ』(16年秋)に似ている。
同ドラマは最終回に3%ほど上昇しているので、『3年A組』の最終回も15%を超える可能性が十分あると言えよう。

SNSの盛り上り

実は視聴率以上に勃興しているのがSNSだ。
1月スタートのドラマでは、初回放送時のツイート数が一番多かったのは『いだてん』。『あまちゃん』で朝ドラを刷新した宮藤官九郎が、初めて大河ドラマに挑むとあって大いに話題になった。
ところが最初は6万超のつぶやきも、回を追うごとに減少し、このところは3万前後と半減している。

一方『3年A組』は、終盤に来て勃興している。
初回5万弱で一時は2万前後まで減っていた。序盤で荒唐無稽な話と感じて入り込めなかった人も一部いたようで、視聴率が4話で一桁となったのと同様、ツイート数も4~5話では低迷した。
ところが7話の2万は、8話で約2万5千、9話3万4千超と、ついに『いだてん』を抜いて全ドラマの中でトップとなった。
リアルタイム視聴率、タイムシフト視聴率、そしてSNSのツイート数といずれの指標を見ても、ドラマの内容で多くの人をとりこにしている状況がみてとれる。

ラストに向けて

3年A組担任の柊一颯(菅田将暉)は、卒業式10日前に自らの教え子たちをクラス丸ごと人質にとって学校に立てこもった。クラスメイトの景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相をめぐる謎解きという展開だ。
しかも生徒にキャスティングされた若手俳優たちのクオリティも注目を集めた。
また菅田が発する言葉が、まるで道徳の授業のように心に刺さり、多くの視聴者を深く考えさせた。

「今の社会は気づく間も無く、慌ただしくまわってる。本当に当たり前の事に、大切な事に気付けてないんだなぁ」
「今の日本人に必要なものが詰まってるドラマだなぁ 初めから見とけばよかった、、、。グッと踏みとどまって考えて行動!これができない。当たり前の事がわからない日本人が増えたもんなぁ」
「充分過ぎるほど大人の私にも響く言葉でした」
「今日をどう生きるか、明日をどう生きるか、よく考えるべきだって気づかせてくれた」
「とても考えさせられる。いろいろ、いまの人が考えなきゃいけない内容」

単なる娯楽を超えた、教育的な要素がちりばめられた物語となっており、多くの人を立ち止まらせている。
ただし娯楽の要素にも抜かりない。一連の事件には生徒の黒幕が存在し、それがだれかの推理も、SNS上では視聴者を熱くさせている。

「どーなっとるん。めいちゃんが黒幕説みたいなのはネットでもあったけど、撃ったのは誰よ。本当に茅野が黒幕か?」
「ずーーーっと、茅野はなにかあるなーとは思ってたけど、、んーーーーーーー 信じたくない」
「あのモノクロの無音部分めっちゃ気になるやんけーーーーー!!! あーーーー、ひっぱるなーーwwてか。最後の最後だけはクリアにして終わってくれ!!」
「最後鳥肌やばかった」

ここまで派手にドラマ内の周囲と同様に視聴者を振り回した『3年A組』。
人々の囚われから、番組はどう卒業させていくのか、着地がいよいよ楽しみだ。
初回直後に感じた「『今日から俺は!!』を超える大成功の予感」は、もはや確信となった。最終回を十二分に楽しむために、直前に9話を復習しておいた方が良さそうだ。

【無料配信】「3年A組―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

本編では見られない本当の彼ら「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」スペシャルムービー>>

文・鈴木祐司 次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ