ここから本文です

女優でヨガインストラクターの松本莉緒が、3月5日放送のTBS系「有田哲平の夢なら醒めないで」で約9年ぶりにトークバラエティに出演した。自身が芸能界の仕事を断るようになったきっかけを明かしている。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


9年ぶりにトークバラエティに出演した松本莉緒、その姿>>

松本が、ここ3年で出演した作品はわずか1本。舞台やテレビのオファーは絶えないが、すべて断っているらしい。松本が、テレビから姿を消した理由を明かした。ひとつは中学卒業を期に活動休止して普通の高校生活を送ろうとしていたとき、通学途中に男性から謎の液体をかけられたこと。紺色のブレザーが白くなったということで「硫酸?」と首をひねる松本は、「頑張って応援してたのに突然辞めたから、怒りですかね?」と男性の動機を推察した。

また、"アラブの王族事件"にもショックを受けたという。活動復帰後、松本は仕事関係者から22時頃に「アラブの王族がいるんだけど、指名だから来て」と連絡を受けた。あまりのしつこさに仕方なく向かった先は、クラブのVIPルームだった。しかし、松本を呼び出した人物は、「端の人が1番お金持っているから、後はよろしくね」と松本に告げると、すぐに帰ってしまった。不穏な空気を察した松本は、「5分もたたないうちに、非常階段から逃げ出した」そうだ。

松本は、「こんなことをして仕事をもらわなければいけないのは、しょうもない。精神崩壊しました」と振り返った。現在の松本は、ヨガインストラクターとしても活動しており、開催するヨガ教室に約1800人もの生徒が参加するカリスマ的な存在になっている。

同番組では他にも、最年少演歌歌手としてデビューしたさくらまやが出演。20歳になったさくらは、なんと「パチンコにハマった」という過去を明かしている。

9年ぶりにトークバラエティに出演した松本莉緒、その姿>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ