ここから本文です

パパ活中だという現役女子大生2人が、「ディープな女子大生と加藤浩次」に出演。「パパがいなくなったら補充する」など強烈発言を連発した。

サムネイル

現役女子大生がパパ活の実態を赤裸々告白「海外旅行に連れて行ってもらいました」


現役女子大生がパパ活の実態を赤裸々告白>>

「ニュースな女子大生と加藤浩次 シーズン2」が反響を呼び、特別版「ディープな女子大生と加藤浩次」が新たにスタートした(毎週木曜21時配信)。第1回には、食事やデートだけでお小遣いをもらえる"パパ活"を実際に行っているというパパ活女子2人が登場した。「体の関係はない」という言葉に、加藤浩次は「おもてづらでしょ!」と冒頭からかみ付いた。

現在2人は、それぞれ4人と6人ほどのパパを抱えおり、なかには71歳とかなり高齢のパパもいるそう。「50歳以上は、(パパ活ではなく)ジジ活」と語っていた。食事やデートのたびに「1万円くらい」のお小遣いを受け取っているという。

長く付き合うパパもいれば、すぐに関係が途切れてしまうパパもいる。加藤から理想のパパの人数を聞かれると、1人のパパ活女子は「今の人数で十分です。(関係が)切れそうになったら、補充するって感じです」とクールな回答をして、スタジオを驚かせていた。また、もう1人のパパ活女子は、食事やデートだけでなく旅行にも連れて行ってもらっているという。「沖縄旅行と、こないだまでタイに行っていました」と明かしていた。

同番組では他にも、パパ活女子がパパを見つける方法を明かしている。専門のマッチングアプリを使っているようで、そこには驚くようなパパ志望の男性もいるという。

現役女子大生がパパ活の実態を赤裸々告白>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ