ここから本文です

ひとり芸ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり2019」(3月10日、カンテレ・フジテレビ系で決勝戦を生放送)で、松本りんすが決勝進出を果たした。普段はお笑いコンビ・だーりんずとして活動し、「キングオブコント」で2度もファイナリストになった経験の持ち主である松本りんすだが、過去には「10回以上もお笑いを辞めようと思ったことがある」そうだ。

サムネイル

ファイナリスト No.8 だーりんず・松本りんす


テレビ放送同時配信「R-1見ながら裏生トーク ~カジサックのGYAO!部屋~」(3/10 19:00頃~21:00頃)>>

【生配信】ファイナリスト集合!「R-1ぐらんぷり延長戦 ファイナリスト大反省会 ~同情するなら仕事くれ!SP~」(3/10 21:00頃~22:30頃)>>

「R-1ぐらんぷり2019 決勝進出者発表会見」(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】『R-1ぐらんぷり』の放送では見られなかった、過去出場者のネタ映像(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】「R-1 アマチュア動画ぐらんぷり2019」10組すべての1分動画(~3/10 20:59)>>

ケンドーコバヤシがMC「ガチンコ!R-1への道」(毎週金曜更新・全7回)>>

■「やめてどないすんねん? 働くところある?」と自問自答

三浦マイルドともに41歳で最年長ファイナリストとなった松本りんす。出場を決めた理由については、「2018年のキングオブコントで爪痕を残せずアルバイトを辞めることができず、2019年は他の可能性を探っていこうと相方と話をし、決意した」と明かした。
幼い頃から吉本新喜劇を見て育った松本りんすは中学の文化祭でやった漫才がウケたことがずっと忘れられず、短大を卒業した後すぐ芸人になった。ただ、現在も水道メーターの検針のアルバイトを続けており、芸事だけでは月収平均3~4万円と生活できないのが現実。「過去には、10回以上もお笑いを辞めようと思った」と告白した。しかし、引退を考えるたびに「やめてどないすんねん? 働くところある?」と自問自答し、芸人生活に戻っているという。

■優勝したら「家族を持てる人間になりたい」

「男として甲斐性なしはなはだしいので、少しでも頼れる男になり、家族を持てる人間になりたい。婚活します!」と優勝後の公約を掲げた。
優勝に向けてのライバルは三浦マイルド。憧れの芸人には、同じ事務所の先輩で「R-1ぐらんぷり2016」覇者のハリウッドザコシショウの名前を挙げている。

テレビ放送同時配信「R-1見ながら裏生トーク ~カジサックのGYAO!部屋~」(3/10 19:00頃~21:00頃)>>

【生配信】ファイナリスト集合!「R-1ぐらんぷり延長戦 ファイナリスト大反省会 ~同情するなら仕事くれ!SP~」(3/10 21:00頃~22:30頃)>>

「R-1ぐらんぷり2019 決勝進出者発表会見」(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】『R-1ぐらんぷり』の放送では見られなかった、過去出場者のネタ映像(~3/10 20:59)>>

【ネタ映像】「R-1 アマチュア動画ぐらんぷり2019」10組すべての1分動画(~3/10 20:59)>>

ケンドーコバヤシがMC「ガチンコ!R-1への道」(毎週金曜更新・全7回)>>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『R-1ぐらんぷり2019』ファイナリスト

サムネイル
ファイナリスト No.8 だーりんず・松本りんす


エントリーNo.1595

名前:松本りんす
所属事務所:SMA
生年月日/血液型:1977年11月10日/A型
趣味:ギャンブル
特技:バスケットボール
芸歴:20年目

過去3大会分の「R-1」戦歴
2016年:出場せず
2017年:出場せず
2018年:出場せず

・・・・・・・・
3月10日(日)の「R-1ぐらんぷり2019」決勝戦は、カンテレ・フジテレビ系で全国生放送される。動画配信サイト「GYAO!」では、当日14時30分頃から16時頃まで「敗者復活ステージ」を独占生配信。テレビ放送と同時に19時頃から21時頃まで「R-1見ながら裏生トーク ~カジサックのGYAO!部屋~」を配信。当日21時頃からは、ファイナリスト全員が出演予定のスペシャル番組「R-1ぐらんぷり延長戦 ファイナリスト大反省会 ~同情するなら仕事くれ!SP~」を生配信する。情報は、「GYAO!」の「R-1ぐらんぷり2019」特設ページで、随時更新。

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ