ここから本文です

テレビ朝日系「ハケン占い師アタル」第8話が、3月7日に放送された。アタル(杉咲花)と母親のキズナ(若村麻由美)がついに親子対決。今までアタルに助けられてきたDチームの面々が逆にアタルを占うシーンが「こんなの泣いてしまう」と話題になっている。

サムネイル

Hana Sugisaki attends the Elan d'Or Award ceremony on February 1, 2018, Tokyo, Japan(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「ハケン占い師アタル」最新話を配信中>>

遊川和彦が脚本・演出を手がけるドラマ「ハケン占い師アタル」は、"あらゆるものが見える特殊能力"を持った派遣社員のアタルこと的場中(杉咲花)が、イベント会社「シンシアイベンツ」の正社員たちが抱える悩みを根本から解決していく仕事ドラマ。

キズナは、自分の元から逃げ出したアタルを連れ戻そうとする。しかし、キズナの金儲(もう)けに嫌気がさしていたアタルは、キズナを拒否。するとキズナは、アタルの存在意義は占い能力のみにあると主張し、現在のアタルの仕事はいずれAIに取って代わられると言い放つ。アタルは、「占い以外にも、この会社であたしにしかできないことがあると証明する」と宣言した。

自分にしかできない仕事があることを証明するために、仕事に勤しむアタルだが、コンペに出す良いアイデアが出てこない。心が折れそうなアタルを見かねたDチームの面々は、今まで助けてもらったアタルのために、今度はアタルを占った。

ぎこちないながらも、精一杯アタルのマネをして占いをするDチームの姿に、ネット上では、「こんなの泣いてしまう」「こういう展開大好きだ!」「最終回前で泣かせすぎだよ!」「1人1人のエピソード思い出しちゃう」と感動の声が上がっていた。逆占いをきっかけにアタルはもう一度立ち直り、キズナと対峙(たいじ)する。

3月14日放送の最終回は、15分拡大スペシャル。キズナによってアタルの占いは、相手の不安や苦しみ、健康状態を引き継いでしまうことが発覚する。それを知ったDチームの面々は、チーム内に占い禁止令を掲げるが......。

【無料配信】「ハケン占い師アタル」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ