ここから本文です

高畑充希主演のTBS系ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(毎週金曜21時より放送)第9話が3月8日に放送された。わきあいあいと捜査をしてきたシェアハウスのおじさんたちが、野間(佐野史郎)の策略によって引き離されてしまった。

サムネイル

Japanese actress Mitsuki Takahata attends the 41st Elan d'or Award ceremony in Tokyo, Japan on February 2, 2017. (写真:アフロ)


【無料配信】「メゾン・ド・ポリス」最新話を配信中>>

「メゾン・ド・ポリス」は、新米刑事の牧野ひより(高畑充希)が、夏目惣一郎(西島秀俊)、伊達有嗣(近藤正臣)、迫田保(角野卓造)、藤堂雅人(野口五郎)、高平厚彦(小日向文世)ら退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の住人に振り回されながら事件を解決していく刑事ドラマ。

第9話ではついに、ひよりの父親が亡くなった高遠建設の事件を追った。ひより、メゾン・ド・ポリスのおじさんたち、フリージャーナリストの館林真琴(東風万智子)とその小学生の娘・桃香(住田萌乃)、そして事件で夫を亡くした池原美砂(荻野友里)が力を合わせた。

真琴は、警視庁から天下りした高遠建設常務取締役の野間と、癒着疑惑のある青幸興行社長・大黒毅(中野英雄)の密会現場を写真に収めることに成功。不正会計をさせられていた経理部の市野沢譲(税所伊久磨)と池原慎吾(関幸治)は、口封じのために殺されたのではないかと捜査を始める。

しかし、薬品の爆発、殺人のぬれぎぬ、子供を使った脅迫、さらには警察内部にまで根回しをした野間のさまざまな策略により、シェアハウスのおじさんたちは、1人、また1人と引き離されてしまう。そして、ラストには衝撃的な裏切り者の存在も発覚した。

ネット上では、「うわあああ!」「もう誰も信じられない!」「この人が裏切るのか......」「楽しいシェアハウスを返せ!」と悲鳴が上がっている。また、「出たよ、佐野史郎」「佐野史郎怖すぎる」「悪役やらせたら最強」と"ラスボス"野間を演じる佐野史郎の演技にも称賛の声が集まっていた。

【無料配信】「メゾン・ド・ポリス」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ