ここから本文です

ひとり芸日本一を決める「R-1ぐらんぷり2019」で優勝を果たしたお笑いコンビ・霜降り明星の粗品が、ビートたけし相手にツッコんで失敗してしまったエピソードを披露。相方のせいやも「心臓がグンってなった」と振り返っていた。

サムネイル

2018年 M-1グランプリ14代目王者・霜降り明星(左)せいや(右)粗品


霜降り明星・粗品が登場!「しゃべくり007」を配信中>>

霜降り明星が3月11日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」に登場し、これまで出演した番組の中で、「まったく手応えがなかった番組ランキング」を発表した。霜降り明星は、2018年12月に「M-1グランプリ2018」で優勝して以降、120本以上のテレビ番組に出演している。

粗品は、日本テレビ系「世界まる見え!テレビ特捜部」で犯したミスを振り返った。同番組でビートたけしと所ジョージが、トランプ政権について語り合っていた。会話が長く感じた粗品は、「これはボケてはんねや」と判断して、「ずっと何の話しとんのや!」と全力でツッコんだ。しかし、たけしは、純粋に真面目に話していただけだったので、スタジオは静まり返ってしまったそう。現場で横にいた相方のせいやは、「心臓がグンってなりました」「今!? ヤバこいつ!」と振り返り、他にも明石家さんまやロンドンブーツ1号2号に対する失敗エピソードを明かしていた。

霜降り明星・粗品が登場!「しゃべくり007」を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ