ここから本文です

3月11日放送のテレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」に、バラエティ番組のむちゃなロケを誘致し、熱海の人気をV字回復させた市役所職員の山田さんが登場した。

サムネイル

イメージ画像 熱海の街並み(ペイレスイメージズ/アフロ)


【無料配信】「激レアさんを連れてきた。」最新話を配信中>>

観光地の定番だった静岡県熱海市は、10年ほど前から人気が低迷。しかし、ここ数年で宿泊客数はV字回復を見せている。そんな熱海復活の立役者は、市役所職員である山田さんだった。山田さんは、過激なバラエティ番組のロケを積極的に誘致することで、熱海を世間に広めて、人気を取り戻すことに成功したのだった。現在、熱海では3日に1度のペースでロケが行われており、そのほとんどに山田さんが関係しているという。

山田さんが誘致したむちゃなロケ企画の一部も発表された。どこの街でも嫌がりそうな「街中ゴルフ」という企画は、名前の通り、民家が並ぶ街中でタレントがゴルフを行うというもの。山田さんは企画を成立させるために、区長と全住民の家を一軒一軒訪ね、説得して回ったという。また、「絶叫!! 寝起きE.T.」は、ホテルで眠るお笑いコンビ・オードリーの春日俊彰をベッドごと運び出し、パラシュートによって海上を空中遊泳する「パラセーリング」をさせる企画。初日の出と春日が重なりあった光景は映画『E.T.』の名シーンそっくりだったという。また、山田さんは「ビーチ爆破」や「山頂パラシュート鼻フック」など過激なロケの様子や、誘致の方法を振り返っている。

【無料配信】「激レアさんを連れてきた。」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ