ここから本文です

GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下GENERATIONS)の中務裕太が、オリジナルのギャグを披露した。お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二から強烈なツッコミを受けるも、ハートの強い中務は......!?

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


GENERATIONS・中務裕太がオリジナルギャグを披露>>

GENERATIONSの中務裕太と小森隼が、3月13日放送のTBS系「有田ジェネレーション」に出演。この日の放送では、若手お笑い芸人による「レギュラー生き残りネタ総選挙」が行われた。会場の観客とGENERATIONSの2人による投票で80点以上獲得すれば、番組レギュラーとして生き残ることができるという同企画。投票を集計する機械のシステムチェックとして、中務が先陣を切ってオリジナルギャグを見せた。

「ギャグは見るのもやるのも大好き」と語る中務は、林家パー子のモノマネを利用したネタを披露。しかし、会場の反応は"ややウケ"で、48点と微妙な点数だった。若手芸人だったらレギュラー落ちとなる点数に、番組進行の小峠は、「2度と人の前でやるな! 家でやりなさい!」と強烈なツッコミ。それでも中務は、お構いなしに続けて別のギャグを披露して、ハートの強さを見せた。

GENERATIONS・中務裕太がオリジナルギャグを披露>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ