ここから本文です

テレビ朝日系ドラマ「パーフェクトクライム」の第9話が、3月17日に放送された。元AKB48で女優の永尾まりやが演じた性悪女役に、称賛の声が寄せられている。

サムネイル

イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


元AKB48・永尾まりやの性悪女役「パーフェクトクライム」を配信中>>

「パーフェクトクライム」(ABCテレビでは毎週日曜23時35分より放送、テレビ朝日では毎週土曜深夜2時30分より放送)は、電子コミックで700万ダウンロードを突破した大人気コミック『Perfect Crime パーフェクトクライム』(作画:月島綾、原作:梨里緒)が原作。上司である冬木(眞島秀和)との不倫に溺れるインテリアプランナーの前島香織(トリンドル玲奈)の前に、ニューヨーク支社から転勤してきた若き敏腕デザイナーの東雲遥斗(桜田通)が現れる。

泥沼の愛憎劇の中で、千夏(永尾まりや)が第9話でついに存在感を発揮した。チーフである香織を陥れるため、千夏は発注書を書き換えて、わざと誤発注を起こした。取り引き先で焦る香織は、急いで千夏に電話をかけたが、当の千夏は、優雅にオイルマッサージを受ける真っ最中で、わざと着信を無視。不敵な笑みを浮かべて、性悪女の本性を現した。

香織が誤発注の件を問い詰めても、千夏は、「チーフを困らせてやりたかったんです。デザイン部から飛ばされたらいいなぁと思って」と堂々とした態度。香織に動機を聞かれると、「悪いことしたとは思ってないんで」とその場を立ち去った。

永尾まりやが見せた性悪女ぶりに、ネット上では「怖すぎるよこんな部下」「ハマってるなぁ!」「かわいいだけじゃないなこの子」「女優としても着実に成長している!」などの声が上がっていた。

元AKB48・永尾まりやの性悪女役「パーフェクトクライム」を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ