ここから本文です

フジテレビ「有吉弘行のダレトク!?」が、3月19日に最終回を迎えた。昆虫などを食べる企画「キモうまグルメ」も一夜限りの復活を果たして、モデルの藤田ニコルは、同企画をきっかけにファンが増えたことを明かした。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】「有吉弘行のダレトク!?」最新話を配信中>>

最終回では、MCの有吉弘行が、アンタッチャブル・山崎弘也や藤田ニコルらおなじみのゲストとともに番組の名場面を振り返った。番組後半では、人気企画「キモうまグルメ」も復活。意外とおいしかったベスト5と、見た目通りにまずかったワースト3が発表された。

毒蛇、ヒョウ柄のナメクジ、ボールのようなぶよぶよ生物など、懐かしいキモうまグルメが登場すると、スタジオは大盛り上がり。芸人顔負けの体を張った姿勢でさまざまなキモうまグルメを食べてきた藤田ニコルは、「これがきっかけですもん。ちょっと人気になったの。男性ファンが増えました」とファン層が拡大したことを語った。

有吉も「(この企画は)いろんなテレビ局のスタッフが見ていて、ニコルちゃんの人気がガンガン上がった」と明かした。「ニコルちゃんのおかげでガンガン(企画の)人気があがるけど、(気持ち悪いから)視聴率は下がる」と続けて笑いを誘った。番組の最後にスタジオでは、キモうま史上一番おいしかった食材・タイランドブラックタランチュラが登場し、有吉らが実食している。

ネット上では、「俺もこの企画で藤田ニコル好きになった!」「最後にキモうま見られてよかった」「この企画大好きだったな」「もう見られないの悲しい」「この企画だけでも他の番組で引き継いで欲しい」といった声が上がっている。

【無料配信】「有吉弘行のダレトク!?」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ