波瑠×鈴木京香が"平成最後の未解決事件"に挑む......「未解決の女」がスペシャルドラマで復活

2019/3/27 17:23

波瑠と鈴木京香が女刑事バディを演じるテレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」が、4月28日にスペシャルドラマとして復活(21時~23時5分放送)。2018年4月期に放送された連続ドラマが好評で、波瑠と鈴木も続編に期待していたらしい。

サムネイル
Haru, attends the 33rd National Urban Greenery Fair Yokohama pre-event on January 19, 2017, Tokyo, Japan. (Photo by Rodrigo Reyes Marin/AFLO)


【一挙配信】ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」無料配信中>>

同ドラマは、肉体派熱血刑事の矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、"文字"を糸口に未解決事件を捜査するミステリー。スペシャルドラマでは、東京で起こった過去の未解決事件と、京都で起こった新たな事件を軸に据え、現場に残されたさまざまな品字様(同じ文字が3つ連なる漢字)が鍵となる連続殺人事件に挑む。八坂やかも川沿い、南禅寺など京都各地でロケが行われ、映像面も含めて作品の新たな広がりが楽しめそうだ。連続ドラマに続き、NHK連続テレビ小説「あさが来た」などで知られるヒットメーカー・大森美香が脚本を担当する。

波瑠も鈴木も続編に期待していたらしい。波瑠は、「『未解決の女』は私の周りでも面白いと言ってくださる方が多く、続編があったらいいなという気持ちがすごくあったんです」、鈴木は、「連続ドラマの終わり方を知ったときから、続編の予感がありました!」と公式サイトにコメントを寄せている。

女刑事バディが所属する「特命捜査対策室」第6係のメンバーを演じる遠藤憲一と高田純次をはじめ、沢村一樹、光石研、工藤阿須加たちレギュラー男性陣もスペシャルドラマに出演。波瑠は、「難事件を解決していく過程を、個性豊かなダンディーズと女バディが楽しく盛り上げていけたらいいなと思いますので(笑)、楽しみにしていただけたらうれしいです」とスペシャルドラマをアピールしている。

【一挙配信】ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW