"美人サイボーグAD"現る! 46.5℃の熱湯風呂にも一切動ぜず「芸能事務所から絶対に声かかる」と称賛の声

2019/3/29 17:07

MBS「メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?」のスタッフである飯岡さんが、"美人サイボーグAD"として話題になっている。熱湯風呂にも平然とつかる姿に、タレントの籠谷さくらは、「人として壊れている!」とコメントしていた。

サムネイル
イメージ画像(写真:アフロ)


スタッフ・飯岡さんが、"美人サイボーグAD"として話題>>

2月14日に放送された「メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?」で、飯岡さんはバンジージャンプを躊躇(ちゅうちょ)なく平然と飛び、さらに超激辛ラーメンも無表情で食べ尽くして、ネット上で話題になっていた。"美人サイボーグAD"というあだ名までつけられた飯岡さんが、3月28日の放送にも登場して奇人ぶりを発揮した。

この日の企画は、番組アシスタントの籠谷さくらとモデルの斉藤アリスの新しいキャラを探すというもので、ロケには飯岡さんも同行した。歌うまキャラを目指すため一向がカラオケ店に入店すると、番組ディレクターは基準点を作るために飯岡さんに歌うよう指示をした。すると飯岡さんは、指定された「天城越え」を驚くような美声で歌い上げた。96.275点という超高得点をたたき出して、籠谷と斉藤は「もう帰ろう」とやる気を失ってしまった。

続いて向かったのは、46.5℃という超高音の温泉を引いている銭湯。あまりの熱さに籠谷と斉藤はすぐにリタイアしてしまい、またしても飯岡さんが挑戦することに。水着に着替えた飯岡さんは、あっさりと肩まで入ってつかり、「気持ちいい」と一言。VTRを見ていた共演者からは、「何物なの!?」「逸材だ!」「芸能事務所から絶対に声かかる!」と絶賛の声が飛び交った。アシスタントのポジションに危機を感じた籠谷は、「人として壊れていますよ!」と冗談交じりに突っかかっていた。

スタッフ・飯岡さんが、"美人サイボーグAD"として話題>>

(文/沢野奈津夫@HEW