【ライブレポ】ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLEが初共演! 一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」

2019/4/ 1 14:18

ライブイベント「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」が、3月19日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて開催された。
 本イベントは毎週金曜日にオンエア・配信中のGYAO!とJ-WAVEのコラボレーションで送るユニークな音楽トーク番組「GYAO! CLUB INTIMATE」から生まれた。第1回目の開催となる当日は、番組で共演し、まさにINTIMATE(親密)な関係となったORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLEが対バンし、超満員のフロアーを盛り上げまくった。

サムネイル
ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLE、一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」


【ライブ映像】ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLE、一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」>>

【特集】過去出演者アーカイブ映像も配信中「GYAO! CLUB INTIMATE」>>

【トーク番組】HIROKI× 若井滉斗 #1 (GYAO! CLUB INTIMATE Vol.21)>>

  開演前には、両バンドのメンバーたちがセレクトした思い入れのある曲がラジオスタイルで流れ、ORANGE RANGEのボーカル・RYOとMrs. GREEN APPLEのギタリスト・若井滉斗が影アナを務めた。お願いや注意事項をユーモアたっぷりにアナウンスし、場内を沸かせ、いよいよ秒読み段階。客電が落ちると同時に怒涛の大歓声。スクリーンには番組でおなじみのタイトルバック映像が流れ、MCを務める落合隼亮がステージに登場し、早くも熱気であふれかえっているフロアーの期待をあおった。

サムネイル
ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLE、一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」


 先攻は大歓声の中、元気よくステージに飛び出したMrs. GREEN APPLEだ。最新アルバム『ENSEMBLE』収録曲で音源化が待たれていた曲「REVERSE」を大森元貴(Vo&G)が右手を挙げて歌い出すとハンドクラップで盛り上がり、遊園地のパレードのように色彩豊かなアプローチの「PARTY」では観客が一斉に手を挙げる光景が壮観。ハンドマイクで歌っていた大森がギターを持ち、藤澤涼架(Key.)のエッジのあるプレイが印象的なかげりのあるナンバー「アウフヘーベン」、ジャジーなアレンジの「Coffee」へと。大森の歌の音域の広さもふくめて、前半にしていかにMrs. GREEN APPLEが多様な引き出しを持っているかが伝わってくるアクトが繰り広げられた。「キコリ時計」では上手、下手と動きまわった大森が若井と向かい合ってステップを踏み、メジャーデビューシングルであり、この季節にピッタリの「StaRt」では山中綾華もドラム台から立ち上がり、髙野清宗(B.)も煽ってコール&レスポンス、大合唱となった。

サムネイル
ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLE、一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」


 MCで大森は、2019年初ライブだと、かなり遅めの「明けましておめでとうございます」の挨拶。盲腸の手術のために入院したことを報告し、「今日はORANGE RANGEさんと対バンということでオレンジとリンゴってとってもキレイでしょ?」と呼びかけた。そして、子供のときからORANGE RANGEのファンだった若井に話をふると「小学校で曲、むっちゃ流してました。社会科見学のバスの中でも流してました」と高揚気味。"ORANGE RANGEのリハーサルを見た時点ですでに感極まっていた"という、まさにINTIMAEな対バン裏話が明かされた。
 そして、このあと演奏されたのは大森が高校の卒業式の翌日あたりに書いたという、この時期にタイムリーな「春愁」。情緒あふれる切ない曲が2曲続けて届けられたあとは、この日のスペシャルプレゼント。資生堂 SEA BREEZEのCMソングとしてオンエア中のニューシングル「ロマンチシズム」がリリース前、しかもライブで初披露された(4月3日リリース)。春を感じさせるトキメキとワクワク感が詰まったナンバーに、フロアは盛り上がり、おなじみの「WanteD! WanteD!」ではハンドクラップとシンガロングで完全に一体に。"ORANGE RANGEさんに通じるキラキラ感のある曲で"と、夏曲「青と夏」でライブを締めくくった。

サムネイル
ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLE、一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」


 セットチェンジはサプライズなプレゼントタイム。サッカー少年繋がりのHIROKIと若井がステージにサッカーボールを持って登場し、リフティングを披露するなど、これまたレアな展開。「あれ? よく見るとこのボール、サイン入り?」と沸かせ、拍手が巻き起こる中、スケルトンの抽選ボックスが運びこまれた。2人がそれぞれ選んだチケットの半券に書かれている番号を読み上げ、
終演後に半券を見せると両バンドのサイン入りボールがもらえることがアナウンスされた。

 後攻はORANGE RANGEだ。オープニングでまさにサッカー応援ソング、FC琉球のために書き下ろされた「Ryukyu Wind」が放たれ、場内はたちまちハッピーなバイブレーションに包まれていく。続けてイントロで"うぉぉぉ"という歓声が上がった2004年のヒット曲「以心電信」ではサビを大合唱。世代を超える楽曲の力を目の当たりにするようだ。
 フロアーを見ながらHIROKIが「すごい盛り上がりですね。夢のような2マン」と笑うと「(順番が)逆の方が良かった気がしますけどね」とRYOが笑わせ、YAMATOが「ホントに楽しみにしてました。みんな若いよね?」と呼びかけ、「若いって言っても僕たちと同じぐらいじゃないですか? 25~6才(笑)」
とHIROKIがトボけてみせる。声質やスタイルもふくめて全くタイプが違う3人のボーカリストのかけあいはORANGE RANGEの武器だが、トークも絶妙である。

 ほっこりしたMCでなごませ、「チャンピオーネ」ではイントロのコーラス部部分からORANGE RANGE初心者を巻き込み、トロピカルサウンドと沖縄音階のテイストが混ざりあう「楽園Paradise」では常夏の島へと連れていってくれる。ライブの定番曲でもある「SUSHI食べたい feat.ソイソース」は"甘エビ、イカ コハダ カンパチ"など次々にラップで繰り出されるネタに本当にお寿司を食べたくなってくるから不思議。
 HIROKIがMrs. GREEN APPLEのMCを受け、メンバーがリハーサルを見て泣いた曲はおそらく「SUSHI食べたい」だと笑わせ、いろいろな人に支えられて今があると感謝のメッセージを届けた。
「みなさんの中にも1人1人大切な人だったりモノだったり場所があると思います。そういう景色や人を思い浮かべながら聴いてくれたらと思います」
 そんな言葉とともにYAMATOが三線を弾く「Family」、2004年にオリコンチャートの1位を獲得した「ミチシルベ ~a road home~」とメロディや歌詞がしみわたってくるナンバーが披露されると温かい拍手が巻き起こった。

サムネイル
ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLE、一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」


 RYOがMrs. GREEN APPLEの年齢に触れて、「10個近く離れてるんですね。もう30過ぎの僕たちですけど、「ミチシルベ ~a road home~」はたぶん高校生のときに作ったから、もう15年前の曲だけど、こうやってライブでやったときにみなさんから拍手もらえるのは本当に嬉しいことだと思ってます。ありがとうございます」と感謝を伝え、「バチバチのアゲアゲで行くぞ。ついてこい!」
と後半戦にではORANGE RANGEのライブのキラーチューンを立て続けに投下。ロックンロール「チラチラリズム」ではフロアーが一斉にジャンプ。ギターリフが痛快な「イケナイ太陽」で攻め攻めのモードに突入し、ラストはZepp Diver Cityを灼熱の空間にしたファストチューン「キリキリマイ」。彼らのライブ力を感じさせる、さすがのアクトだった。

サムネイル
ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLE、一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」


 熱いアンコールに応えて登場し、RYOは「まだ足りないのか。そうか、そうか」と笑い、HIROKIは「だいぶINTIMATEな関係になってるんじゃない? こういうイベントだからこその2マンだったと思うし、ただバチバチにやったって仕方ないですよ。お互いの目的のバンドがあったと思いますけれど、そういうのを抜きにして音楽を純粋に楽しもうっていうみなさんの気持ちが素晴らしかったと思います。ありがとうございます」とメッセージ。

 最後に届けられたのは沖縄の掛け声"イヤササ"とダンスで一体になった「上海ハニー」。途中でMrs. GREEN APPLEのメンバーも参加し、みんなのノリノリな様子に、ORANGE RANGEも「明るい人たちだ?!」と嬉しそう。

サムネイル
ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLE、一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」


 演奏が終わり、大森は「夢が叶った瞬間です」と感慨深げ。HIROKIは「Twitterのフォロワー数が増えそうですね」と沸かせ、最後はみんなで記念撮影。スタッフの許可を得ての、観客による携帯での撮影タイムも設けられ、INTIMATEな距離がますます縮まった特別な一夜は大盛況の内に幕を閉じた。

なお、GYAO!ではこの日のもようのライブダイジェスト・バックステージ映像
に続いて4月1日からフルサイズでのライブ映像が配信中だ。

【ライブ映像】ORANGE RANGEとMrs. GREEN APPLE、一夜限りの「GYAO!&J-WAVE present LIVE INTIMATE Vol.1」>>

【特集】過去出演者アーカイブ映像も配信中「GYAO! CLUB INTIMATE」>>

【トーク番組】HIROKI× 若井滉斗 #1 (GYAO! CLUB INTIMATE Vol.21)>>

(文/山本弘子)