「ポツンと一軒家」に登場した"アクリル板の吊り橋"が話題......藤井フミヤ「行ってみたい」

2019/4/ 2 17:09

朝日放送テレビ「ポツンと一軒家」の2時間半スペシャルが3月31日に放送された。熊本県内の山奥にかかっていた、足元が透けて見えるアクリル板の吊り橋が話題になっている。

サムネイル
イメージ画像(写真:アフロ)


足元が透けて見えるアクリル板の吊り橋が話題>>

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家を徹底調査するバラエティ番組「ポツンと一軒家」。2時間半スペシャルでは、群馬、愛媛、熊本の一軒家を追った。

熊本県にある一軒家を探す道中で、番組スタッフは元村長の成尾さんと元区長の椎葉さんと出会った。成尾さんと椎葉さんは、心当たりのある一軒家へスタッフを案内する道中で、白水の滝の眼前にかかる吊(つ)り橋を紹介。落差150メートルの滝を見下ろす吊(つ)り橋の踏み板は、なんと透明なアクリル板で作られており、足元には恐ろしい光景が広がる一方で、左右には巨大な滝と雄大な景色があった。

VTRを見守っていたミュージシャン・藤井フミヤも「行ってみたい、ここ」と興味津々な様子。ネット上でも、「これは絶景!」「なんじゃこの橋!」「1度でいいから行きたい!」「行きたいような、行きたくないようなw」「僕は絶対に行きませんw」とさまざまな声が上がっていた。

足元が透けて見えるアクリル板の吊り橋が話題>>

(文/沢野奈津夫@HEW