鈴木浩介が美女との妄想を爆発させる! ドラマ「癒されたい男」に視聴者が共感

2019/4/11 17:02

ドラマパラビ「癒されたい男」が4月10日よりテレビ東京系にて放送スタートした(毎週水曜日25時35分より放送)。初回から、鈴木浩介が演じる主人公・秋山寛の妄想が爆発している。

サムネイル
イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


「くだらないけど見ちゃうw」仕事に疲れた中年男が、街で出会った美女たちにさまざまな妄想>>

「癒されたい男」は、月島冬二が「週刊漫画ゴラク」にて連載していた同名漫画が原作。仕事に疲れた中年男・秋山の脳内では、街で出会った美女たちとのさまざまな妄想が繰り広げられる。バカバカしくもどこか共感してしまう男の思考を堂々と描き、現代社会に疲れた男性たちに癒やしの時間を提供する。

上司に説教された上に、部下の壇ノ浦リサ(宇野実彩子)らの自由な振る舞いに疲れた秋山は、いつも通っているコンビニへ。そこには秋山が脳内で勝手に命名した、色白の美人店員・プ二子(窪真理)、昭和系団地妻・人妻ムレ子(森レイ子)という2人の女性スタッフがいた。店内を物色しながら秋山は、2人の家族構成や私生活や趣味などを、「両手に富士山」「お色気時限爆弾」などの独特な言葉を用いて、勝手に妄想していく。このささいなひとときが、秋山にとっての何よりの癒やしの時間なのだ。

男の身勝手な妄想にネット上では、「めっちゃ気持ちわかる!」「なんて攻めたドラマなんだ!」「くだらないけど見ちゃうw」「これは全話視聴確定ですw」と評判は上々。また、心の声と表情だけで演じ切る鈴木浩介に、「浩介さん面白すぎ」「最高のキャスティング!」「不思議とイケメンに見えないw」と反響が上がっていた。

「くだらないけど見ちゃうw」仕事に疲れた中年男が、街で出会った美女たちにさまざまな妄想>>

(文/沢野奈津夫@HEW