ここから本文です

GYAO!とJ-WAVE(81.3FM)がコラボレーションしたラジオ番組、『GYAO!CLUB INTIMATE』がオンエア中だ。(毎週金曜日 23時00分~23時30分)"インティメイト(親密)"な関係のアーティストとアーティストが紡ぐ音楽トーク番組は、ラジオで<音声>を楽しんだ後、その<映像>はオンデマンド配信(23時30分~。同内容を全4回にわたり下記スケジュールのとおり90日間配信)で見ることができる。

サムネイル

HARUNA(SCANDAL) × 佐藤千亜妃『GYAO! CLUB INTIMATE』に登場


【無料配信】HARUNA(SCANDAL) × 佐藤千亜妃、親密なトークを展開>>

【特集】過去出演者アーカイブ映像も配信中「GYAO! CLUB INTIMATE」>>

4月5日に初回オンエアを迎えるゲストは、プライベートでも仲が良く、一緒にゴハンを食べたり、飲みに行くことが多いというSCANDALのHARUNAときのこ帝国の佐藤千亜妃。フェスなどで一緒になることはあるが、意外にも対談は初。リラックスモードの中、親しい関係だからこそのレアなエピソードが次々に飛び出すことになった。

■HARUNAは"武士"みたいだなって(佐藤千亜妃)

「いつか自分がこの番組に出ることになったら......」と想像していたというHARUNAのリクエストによって今回の対談が実現。トークは結成13年目でプライベートレーベル"her"を設立したSCANDALのことや佐藤千亜妃がソロとして新たな音楽に挑戦していることなどお互いの近況からプライベートトークへと移行していく流れに。HARUNAの家に遊びに行って、赤ワインを飲んで盛り上がることが多い佐藤千亜妃がHARUNAにつけた呼び名は"武士"。その理由とは?

「私、HARUNAに出会って何回か飲んでわりと仲良くなったあたりでHARUNAのことを"武士"って呼び始めたときがあったじゃない?」(佐藤千亜妃)

「そもそも出会ったのが2年ぐらい前」(HARUNA)

「そうだね。人情深くて義理を重んじるところがあるじゃん」(佐藤千亜妃)

「言ってくれるよね」(HARUNA)

「男らしいんですよ。それが武士みたいだと思ってたら、知り合いの中に占いじゃないんだけど前世がわかる人がいて、HARUNAの話になったら"まず武士は(前世に)いるよね"って言われて"当たってた!"と思って(笑)」(佐藤千亜妃)

 この武士説には生真面目なところがあると自己分析するHARUNAも納得。いつか一緒に曲を作ってセッションしようという話も飛び出した。

■千亜妃と入れ替われたら曲を作りたい(HARUNA)

 事前アンケートの"お互いに1日だけ入れ替われるなら?"の質問にはふだんは言えないHARUNAから佐藤千亜妃への告白も?

「私は完全に佐藤千亜妃になって曲を作りたい」(HARUNA)

「ははは。なんで? HARUNAで作ればいいじゃない? 私の脳みそじゃなくていいんじゃない?」(佐藤千亜妃)

「いや、あなたの脳みそ、好きなんですよ」(HARUNA)

「おっと、告白じゃない? うれしいんですけど」(佐藤千亜妃)

「千亜妃と出会ってから自分の音楽観、アーティスト像をすごく考えるようになって」(HARUNA)

「え? こんなに何にも考えない人といて?」(佐藤千亜妃)

 一方、佐藤千亜妃が憧れているのはHARUNAのプロポーション。

「私はHARUNAの胃になりたい(笑)。細すぎて、痩せてるじゃん? 同じもの飲んだり食べても私だけ太っていくんだもん。うらやましいんだよね」(佐藤千亜妃)

「(笑)太ってないから。体質だよ」(HARUNA)

「入れ替わったら食べまくりたいな」(佐藤千亜妃)

■思い出の初ライブのエピソードも
 
HARUNAが佐藤千亜妃に曲作りの方法を質問したり、佐藤千亜妃がHARUNAにストレス発散法について聞いたり、女子トークは盛り上がりまくり。人生初ライブのお題では懐かしい話が明かされた。

「最初は岩手の路上ライブかな。中3ぐらいのときに」(佐藤千亜妃)

「ひとりで?」(HARUNA)

「相方がいて。招き猫というグループを2人で組んでた」(佐藤千亜妃)

「自分がギター弾いて歌って?」(HARUNA)

「や、相方がギター弾いてハモって私は歌うたいの人みたいな」(佐藤千亜妃)

「"ゆず"スタイルだ」(HARUNA)

「そう。まさに"ゆず"とかやってたし、カバー中心でオリジナルを1~2曲やってたんですよ」(佐藤千亜妃)

 盛岡駅の地下で歌っていた時代の思い出話からHARUNAの話へと。

「HARUNAの初ライブはSCANDALだよね?」(佐藤千亜妃)

「大阪で結成したバンドなので大阪のライブハウスでライブやって。結成して4カ月目ぐらいで初ライブを無理やりやったみたいな」(HARUNA)

「曲よくあったね」(佐藤千亜妃)

「ライブのために曲を作るみたいな」(HARUNA)

 エフェクターもなく、リハーサルの仕方がわからなかったというHARUNAの当時のエピソードなど貴重な話が盛りだくさん。

・・・・・・・・・・

今回、紹介したのは2人のトークのほんの一部。ラジオ番組でオンエアされた2人のトークは、<映像>で視聴可能。今後もさまざまな"インティメイト(親密)"なゲストたちが登場する。

・・・『GYAO!CLUB INTIMATE』・・・

・J-WAVE(81.3FM)でのオンエア:毎週金曜日23時00分~23時30分
・GYAO! オンデマンド配信:23時30分~ (上記同内容を全4回にわたり下記スケジュールで無料配信。配信期間は90日間)

#1:金曜 、#2: 翌週の水曜、#3: 翌週の金曜、#4: 翌々週の水曜
※ゲストのライブ映像も配信予定。

【無料配信】HARUNA(SCANDAL) × 佐藤千亜妃、親密なトークを展開>>

【特集】過去出演者アーカイブ映像も配信中「GYAO! CLUB INTIMATE」>>

■HARUNA(SCANDAL)
4人組ガールズバンド、SCANDALのボーカル&ギター。メンバーはMAMI(G, Vo)、TOMOMI(B, Vo)、RINA(Dr, Vo)。2008年にシングル「DOLL」でメジャーデビュー。2009年にはシングル「少女S」でレコード大賞新人賞受賞。2015年にはSCANDAL史上最大規模の世界9カ国41公演を回る初の単独ワールドツアーを行う。2017年にリリースされた結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』がオリコンウィークリーチャート2位を記録。2019年にプライベートレーベル "her"を立ち上げ、3月27日にレーベル第1弾シングル「マスターピース / まばたき」をリリース。「SCANDAL TOUR 2019 "Fuzzy Summer Mood"」と題して6月1日から全国ツアーを開始。

■佐藤千亜妃
きのこ帝国のヴォーカル&ギター。2007年に結成。2008年から本格的にライブ活動をスタートし、2012年にDAIZAWA RECORDS /UK.PROJECT inc.より1stアルバム『渦になる』を発売。2014年にリリースした2ndフルアルバム『フェイクワールドワンダーランド』が第7回CDショップ大賞2015に入賞。2015年4月にシングル「桜が咲く前に」でメジャーデビューを果たした。2018年9月12日に結成10周年イヤーの集大成となる『タイム・ラプス』をリリースした。ソロとしても2017年12月に「佐藤千亜妃と金子ノブアキと小林武史」名義による「太陽に背いて」が、「東京メトロ」キャンペーンの第三弾CMに起用されるなど精力的に活動中。4月4日に配信リリースされたデジタルシングル「Lovin' You」はカネボウ化粧品"ALLIE"ウェブムービーのオリジナルソング。
4月16日に代官山"晴れたら空に豆まいて"でワンマンライブを開催。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ