ここから本文です

読売テレビ・日本テレビ系「向かいのバズる家族」第3話が、4月18日に放送された(毎週木曜日23時59分より)。バズって舞い上がってしまったカフェ店長・あかり(内田理央)の言動に対して、視聴者から「ネットの闇を感じる」という声が上がっている。

サムネイル

(C) ytv


「こうやって素人がネットで痛い目を見るのか......」ドラマ「向かいのバズる家族」配信中>>

"バズる"とは、SNSで拡散されて多くの人に広まること。平凡な一家・篝(かがり)家の長女・あかり(内田理央)、母・緋奈子(高岡早紀)、父・篤史(木下隆行)、あかりの弟・薪人(那智)には、それぞれ家族なのに知らないSNS上での本当の姿があった。家族がバズった先にある物語とは―――?

バズったことにより、あかりが店長を務めるカフェ「コロナ」には行列ができる毎日。SNSのフォロワー数は1万人をこえた。緋奈子や薪人に「有名人なんだから変装したほうがいい」と言われたため、あかりは、マスクや帽子で変装して通勤。「有名人ではないです」と謙遜するも、周囲からもてはやされることがまんざらではない様子だ。そんななか、昔から好きだった涼太(白洲迅)に告白されるが、あかりは、「お店の状況が落ち着くまでもう少し待ってください」と保留してしまう。そして、フォロワーたちに涼太のことを話すために、ネットの生配信を行った。

視聴者からは、「あかりが徐々に浮かれていく感じがリアル」「あかりが勘違いし始めた-!」「こうやって素人がネットで痛い目を見るのか......」「大失敗を犯す気がしてならない」「ネットの闇を感じる」「見ていてヒヤヒヤする」などの声が上がっていた。

「こうやって素人がネットで痛い目を見るのか......」ドラマ「向かいのバズる家族」配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ