ここから本文です

お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーが、世界最大級の美術市場・Artexpo New Yorkに絵画などのアートを出展した。4月21日放送のTBS系「情熱大陸」が密着し、くっきーのアートに対する思いが明かされた。

サムネイル

American Flag on Ferry with One World Trade Center and Skyline in Background, New York City, New York, USA(写真:アフロ)


"もっとも注目する5人"に......野性爆弾・くっきー「情熱大陸」密着>>

絵画、音楽、芝居など、多方面で才能を発揮するくっきー。独創性あふれる彼だが、自分の芸風について「「変えない」じゃなくて、「変えられない」」と語る。「こんな芸風でも好いてくれるファンがいるじゃないですか。そこを裏切るのも難儀やなというか」とファンへの思いを口にしていた。

Artexpo New Yorkの会場には、指で描かれた"指文字"、自身をモチーフにして描かれたキャラクターのイザベラ、立体作品などの21点が展示された。くっきーは、「うれしいもんですね。子供らがニューヨークに来て見てもらえる感じで。万が一売れたら寂しいですけど、(絵は)僕の分身なんですよ」と自身の作品への思いを語っていた。

くっきーの作品を見た現地の客からも、「自分の顔をモチーフにするのがユニーク」「遠くからでもとても目立つ」「少し怖いけど、とても面白い作品」と評判は上々。くっきーは、1000組以上が参加した同イベントで、「もっとも注目する5人」に選出された。

"もっとも注目する5人"に......野性爆弾・くっきー「情熱大陸」密着>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ