ここから本文です

1日ごとにテーマが設けられていて日替わりで楽しめるのが「VIVA LA ROCK」最大の特徴。今年も埼玉史上最大のロックフェスが5月3日から6日にかけて、さいたまスーパーアリーナにて開催される。第6回目を迎える本フェスが前回までと異なるのは初の4日間にわたる開催であること、「STAR STAGE」と「VIVA! STAGE」との間にあった壁や通路を取り払い、遮断されていた2つのステージを1つの空間に配することだ。この試みにより、今までの「アリーナモード」から「スタジアムモード」へとシフト。さいたまスーパーアリーナにより開放的な空間が広がることになる。

サムネイル

MC:鹿野淳氏、ゲスト:the telephones「VIVA LA TV! GYAO!」第3回


「VIVA LA TV! GYAO!」 5月5日編(ゲスト:the telephones)>>

「VIVA LA TV! GYAO!」 5月4日編(ゲスト:VIVA LA J-ROCK ANTHEMS)>>

「VIVA LA TV! GYAO!」 5月5日編(ゲスト:Saucy Dog)>>

「VIVA LA ROCK 2019」ティザー映像>>

大型ゴールデンウイーク開催に向けて期待が高まる中、随時配信される番組が、今年の"ビバラ"の内容や出演アーティストのメッセージをいち早くお届けする「VIVA LA TV! GYAO!」だ。「VIVA LA ROCK」のプロデューサー、鹿野淳氏をMCに迎えた第3回となる番組のゲストは"ビバラ"の地元、埼玉県で結成、メジャーデビュー10周年を迎えたthe telephonesだ。昨年、ビバラで一時的に復活したことが再始動のひきがねになり、忘れられない歴史をステージに刻んだ彼らは今回5月5日のDAY3に出演。いったい、今年はどんなアクトを見せてくれるのか?

■復活が"ビバラ"でほんとに良かった
 
 まずはMCの鹿野氏から"ビバラ"での復活から1年たった今のthe telephonesについての質問から。

石毛輝(Gt, Syn, Vo):「本当にびっくりするぐらいスムーズにやれているというか、前が楽しくなかったわけじゃないんですけど、前よりもこのメンバー間の空気がよりthe telephonesらしくなったなと」

長島涼平(Ba, Cho):「やっぱり最初こっぱずかしかったですけどね。4人で久々に音出すあの感じとかが。すごい楽しいんですけど、もう10年以上の付き合いだから"これ、めっちゃ楽しくない?"とかも言えないし」

石毛輝:「たぶん誰か1人が言ったら言えるんだけど、最初の1人になれないんだよね」

長島涼平:「それ待ちなんですよ。みんなニヤニヤしながらリハやってるみたいな」

サムネイル
MC:鹿野淳氏、ゲスト:the telephones「VIVA LA TV! GYAO!」第3回


 復活の"ビバラ"の思い出話では"涼平がいちばん緊張していた"というエピソードから松本誠治(Dr)の髪形(当時モヒカン)、客席を自転車で走った岡本伸明(Syn./Cowbell./Shriek)のパフォーマンスの裏話へと。スタジオは終始、笑いに包まれた。

――去年のthe telephonesのグッズ、(松本)誠治の顔でしょ? 今年は5月5日で、こどもの日なんですけど。

松本誠治:「じゃあ、こどもの日の髪ってなんですか?」

――こいのぼり的な?

松本誠治:「そうなってくるともう髪じゃないですから」

長島涼平:「髪はもうやりきった感があるので、そろそろ被り物にしてもいいかな」

松本誠治:「俺はどこかこいつらにもやらせたいと思ってるんです。なんで俺だけずっとやるんだっていう」

石毛輝:「それは誠治くんが好きだから」

松本誠治:「(笑)いや、いや。全然カバーになってない! でも、こういう会話ができるのは"すげえな"と思います、このメンツ」

岡本伸明:「(僕は)とりあえず自転車(ママチャリ)乗ったんで。復活していきなり自転車に乗るってあまりないじゃないですか?」

松本誠治:「あんまりないっていうか、意味がわかんない」

石毛輝:「ノブさんがチャリの運転がそんなにうまくないんですよ」

岡本伸明:「普通にはこげますよ。ただライブ中に自転車こぐって"こんなにいつもの自転車こぎと違うんだ"と思って」

 ライブに自転車を投入することについて鹿野氏が時間をかけてさいたまスーパーアリーナと舞台監督を説得したという裏話も明かされることに。"ビバラ"があったからこそ今のthe telephonesの活動につながったとメンバーも語っていたのも印象的だった。

■みごとにバラバラな4人の意気込み?

 番組では「VIVA LA ROCK 2018」のthe telephonesのステージから「Monkey Discooooooo」、「Baby.Baby.Baby」、「Love&DISCO」の3曲のダイジェスト映像をオンエア。今年のタイムテーブルが朝の10時15分(STAR STAGE)ということに若干ビビりつつ、GARDEN STAGEに登場するマキシマム ザ ホルモン2号店 ※フランチャイズ店メンバーのことには興味津々。涼平は「みんな気になってますから。バンドマンも」、石毛も「前代未聞ですからね。バンドが暖簾(れん)分けするっていうのは」とコメントしていた。

サムネイル
MC:鹿野淳氏、ゲスト:the telephones「VIVA LA TV! GYAO!」第3回


 そして1人1人が自筆のフリップを掲げて今年の意気込みも。石毛は「ブリッジ」。

石毛輝:「the telephonesのライブでだいたい僕、「Monkey Discooooooo」という曲でブリッジして弾くんですけど"ビバラ"なのでそれ以外の曲でやってみようかなと」

涼平は「家から近い! 最高!」

長島涼平:「意気込みの1つにやっぱり家から行きやすいとか帰りのこと気にするフェスってあるじゃないですか。最高なんですよ。埼玉県民としては」

誠治は「美腹!」

松本誠治:「もういっぱいご飯食べようって思ってます。ダイノジだったり、Dragon Ashのサクさん(櫻井誠)とか出店してるし、地元の行ってる飯屋とかが"さいたまグルメストリート"で並んでるのを見ると"おっ"って」

岡本は「自転車→×××」

岡本伸明:「なんかやれたらいいですよね。ちょっと色々考えてみようかなと思って」

岡本の意気込みに鹿野氏が去年の教訓から「先に言ってほしいわ」とツッコミを入れる場面もありつつ、今年もやらかしてくれそうなthe telephones。

 なお、帰りの足がなくなってしまった出演アーティストのために今年から「池袋」、「新宿」、「渋谷」、「品川」を通る観光バスが用意されていることも鹿野氏の口から発表された。

「VIVA LA TV! GYAO!」 5月5日編(ゲスト:the telephones)>>

「VIVA LA TV! GYAO!」 5月4日編(ゲスト:VIVA LA J-ROCK ANTHEMS)>>

「VIVA LA TV! GYAO!」 5月5日編(ゲスト:Saucy Dog)>>

「VIVA LA ROCK 2019」ティザー映像>>

(文/山本弘子)

VIVA LA ROCK 2019

2019年5月3日(金・祝)、4日(土・祝)、5日(日・祝)、6日(月・休)
会場/さいたまスーパーアリーナ
開場:8:30 / 開演:9:40 / 本編終演予定:20:30

※出演アーティスト

【5月3日】
ACIDMAN 、THE ORAL CIGARETTES 、KEYTALK 、go!go!vanillas 、Saucy Dog 、崎山蒼志 、SUPER BEAVER 、 DJライブキッズあるある中の人 、 Tempalay 、Nulbarich 、ニトロデイ 、ネクライトーキー 、BURNOUT SYNDROMES 、 BIGMAMA 、藤井 風 、BRADIO 、 BLUE ENCOUNT 、フレデリック 、Base Ball Bear 、PELICAN FANCLUB 、 Bentham 、 ヤバイTシャツ屋さん 、ユアネス 、 LAMP IN TERREN(五十音順)

【5月4日】
青木慶則 、赤い公園 、ASIAN KUNG-FU GENERATION 、OGRE YOU ASSHOLE 、 Awesome City Club 、 Official髭男dism 、King Gnu 、Creepy Nuts 、ゲスの極み乙女。 、Ghost like girlfriend 、Suchmos 、SKY-HI 、スガ シカオ 、竹原ピストル 、田島貴男(ORIGINAL LOVE) 、THE CHARM PARK 、CHAI 、DJピエール中野 、TENDRE 、TENDOUJI 、never young beach 、PUNPEE 、VIVA LA J-ROCK ANTHEMS【Ba:亀田誠治/Gt:加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)/Gt:津野米咲(赤い公園)/Dr:ピエール中野(凛として時雨)】 、FIVE NEW OLD 、YAJICO GIRL(五十音順)

【5月5日】
愛笑む 、秋山黄色 、UVERworld 、大森靖子 、折坂悠太(合奏) 、 KANA-BOON 、クリープハイプ 、SHISHAMO 、神聖かまってちゃん 、ズーカラデル 、w.o.d. 、 DJダイノジ 、teto 、 the telephones 、Nothing's Carved In Stone 、NICO Touches the Walls 、パノラマパナマタウン 、ハルカミライ 、 Hump Back 、マカロニえんぴつ 、マキシマム ザ ホルモン2号店 ※フランチャイズ店メンバー 、 眉村ちあき 、 UNISON SQUARE GARDEN 、 yonige(五十音順)

【5月6日】
打首獄門同好会 、 ENTH 、オメでたい頭でなにより 、キュウソネコカミ 、Getting Better:片平実 、G-FREAK FACTORY 、SiM 、SHADOWS 、四星球 、SCOOBIE DO 、10-FEET 、東京スカパラダイスオーケストラ 、TOTALFAT 、 Track's 、Halo at 四畳半 、 04 Limited Sazabys 、 FOMARE 、HEY-SMITH 、The BONEZ 、眩暈SIREN 、ヤングオオハラ 、LUNKHEAD 、リーガルリリー 、ROTTENGRAFFTY(五十音順)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ