福山雅治が主演務める「集団左遷!!」初回が視聴率トップの好発進(4月15日~4月21日期間 ドラマ視聴率ランキング)

2019/4/24 15:53

4月15日~4月21日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。TBS系「集団左遷!!」第1話がトップに輝き、好発進を遂げた。

サムネイル
「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 TBS系「集団左遷!!」第1話(4月21日放送) 13.8%

福山雅治 主演ドラマ「集団左遷!!」最新話を配信中>>

福山雅治が「日曜劇場」枠で初主演。銀行員の片岡洋(福山雅治)は、支店長への昇任人事を受けるが、赴任先は、廃店が決定している蒲田支店だった。窮地に立たされた銀行員たちが、巨大組織の理不尽に立ち向かう。

常務取締役の横山輝生(三上博史)から「廃店が決まっているから、がんばらなくていい。無事廃店になれば、あなたの身は本部が保証する」と告げられた片岡。がんばらない、ノルマは達成しない、廃店の決定を待つ......それでいいのか? 片岡が悩む中、いよいよ支店長としての出勤初日がやって来た。しかし、着任のあいさつもそこそこに「蒲田支店が融資していた会社の社長がいなくなった」という連絡が入る。

■第2位 テレビ朝日系「科捜研の女」第1話(4月18日放送) 13.7%

沢口靖子 主演ドラマ「科捜研の女 season19」最新話を配信中>>

沢口靖子が京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコ役で主演する「科捜研の女」の第19シーズン。放送開始20周年と、テレビ朝日の開局60周年を合わせて記念して、春・夏・秋・冬の4クールにわたって1年間放送される。

京都市内の置屋で芸者・鶴藤(浦まゆ)の遺体が見つかった。逃走中の殺人事件の容疑者・荒木田修(ドランクドラゴン鈴木拓)の下足痕も発見されて、荒木田の新たな犯行かと騒然とする科捜研に、科学警察研究所の主任・橘つかさ(檀れい)が乗り込んでくる。"科捜研の女"榊マリコと"科警研の女"橘つかさの鑑定をめぐる激しいバトルが見どころの回で、とくにつかさがマリコに馬乗りになって首を絞めるシーンが注目を集めた。

■第3位 テレビ朝日系「緊急取調室」第2話(4月18日放送) 13.4%

天海祐希 主演ドラマ「緊急取調室」最新話を配信中>>

天海祐希が主演を務める「緊急取調室」の第3シーズンが今春よりスタート。通称キントリこと警視庁捜査一課・緊急事案対応取調班のメンバーたちは、取調室という"密室の戦場"で、事件の真実を明らかにしようと奮闘する。

20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)の対局中に、解説を担当していたスポンサーの大庭広夢(合田雅吏)が絶命した。対局中に退席した日名子に疑いの目が向けられるが、これという決め手が見つからない。キントリは、日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出して、前代未聞の"二元同時取り調べ"を始める――。SKE48・松井珠理奈がゲスト出演して話題になった。

■第4位は「ラジエーションハウス」と「特捜9」

井ノ原快彦 主演ドラマ「特捜9 season2」最新話を配信中>>

第4位には、フジテレビ系「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」とテレビ朝日系「特捜9 season2」が同じ12.3%で並んだ。

前週の視聴率ランキングはミステリと医療モノがトップ5を独占していたが、今回は「集団左遷!!」がトップを獲得して、「日曜劇場」ブランドの強さを見せつけた。2019年春の新ドラマが出そろい、どの作品がトップ常連になっていくのか?

(文/原田美紗@HEW

出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)