バナナマン&森山直太朗、15年来の友人同士のドライブ旅に視聴者「なんて幸せな時間なんだ」

2019/5/ 8 17:30

お笑いコンビ・バナナマンがドライブロケを行うテレビ朝日系「バナナマンのドライブスリー」の5月7日の放送回に、歌手・森山直太朗が出演。3人の気心知れたトークに、視聴者からは「なんて幸せな時間なんだ」と喜びの声が上がっている。

サムネイル
イメージ画像(GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)


バナナマン & 森山直太朗、3人の気心知れたトーク>>

3人は、森山直太朗のデビュー直後からの付き合いで、なんと15年来の友人だという。気を許しすぎているためか、森山との待ち合わせがあるにもかかわらず日村勇紀はほしかったリュックを買ってしまい、バナナマンの2人は遅刻。路上で1人待ち続けた森山は、「正確には25分(の遅刻)ですよ」とクレームをつけてはいたものの、リラックスした笑顔を浮かべていた。

ラジオなどでも数多く共演する3人は、その後も昔からの同級生のような息の合った掛け合いを見せた。「疲れた心をリセットする」ために訪れた瞑想(めいそう)専門スタジオでは、日村の瞑想(めいそう)姿に森山が笑いを堪えられなくなるなど、終始仲良さげな姿を見せていた。

ネット上では、「おじさんたちのイチャイチャ!」「なんて幸せな時間なんだ」「ふざけてばっかでほんとサイコー」「こういう空気感の番組好き!」と視聴者から喜びの声が上がっていた。

バナナマン & 森山直太朗、3人の気心知れたトーク>>

(文/沢野奈津夫@HEW