ここから本文です

読売テレビ・日本テレビ系「向かいのバズる家族」第6話が、5月9日に放送された。主人公・あかり(内田理央)の元彼を演じた笠松将が、綾野剛に「激似」と話題を集めている。

サムネイル

(C) ytv


綾野剛に「激似」と話題の若手俳優・笠松将>>

"バズる"とは、SNSで拡散されて多くの人に広まること。平凡な一家・篝(かがり)家の長女・あかり(内田理央)、母・緋奈子(高岡早紀)、父・篤史(木下隆行)、あかりの弟・薪人(那智)には、それぞれ家族なのに知らないSNS上での本当の姿があった。家族がバズった先にある物語とは―――?

SNSで人気者になり、思いを寄せる涼太(白洲迅)とも良好な関係を築き始めるあかりに、謎の男から着信があった。男は、「久々に会おうぜ」と留守電を残すも、あかりはおびえた表情を浮かべた。男は高校時代にあかりの恋人で、当時あかりは、誰にも見られたくない姿を動画に収められてしまっていた。仕方なく喫茶店で待ちあわせをすると、男は不遜な態度で動画の存在をちらつかせ、あかりを脅し始めた。

謎の男を演じた笠松将が、綾野剛に似ているとネット上で話題になっている。「綾野剛!? と思ったら笠松将!」「激似すぎてやばい!」「色っぽい目つきがそっくり!」との声が多数上がり、また、「この雰囲気出せる役者さんは貴重ですね」「ブレークの予感」と演技力にも注目が集まっていた。笠松将は、日本テレビ系ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」、TBS系ドラマ「メゾン・ド・ポリス」などにも出演し、活躍の幅を広げている。

綾野剛に「激似」と話題の若手俳優・笠松将>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ