高橋一生、パンツ姿で部屋を放り出されるシーンが話題/「東京独身男子」第4話

2019/5/13 17:20

テレビ朝日系ドラマ「東京独身男子」第4話が、5月11日に放送された。高橋一生演じる石橋太郎が、パンツ姿で部屋を放り出されるシーンが話題になっている。

サムネイル
Issey Takahashi / Tokyo Big Sight on October 11, 2017, Tokyo, Japan. (Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


Yシャツとパンツ姿の高橋一生がカッコ悪い!「東京独身男子」最新話を配信中>>

「東京独身男子」は、人並み以上の容姿を持ち、仕事も私生活も充実している"AK男子"(あえて結婚をしない男子)がテーマ。独身ライフを謳歌(おうか)していた石橋太郎、三好玲也(斎藤工)、岩倉和彦(滝藤賢一)の3人が、あるときを境に結婚を意識するようになっていくラブコメディだ。

第4話で太郎、三好、岩倉の3人は、ホテルで行われたパーティに出席した。そこで太郎は、内気そうな女性(仁村紗和)と知り合う。泥酔してしまった女性は、ホテルの部屋まで運んでくれないかと太郎に懇願した。申し訳なさそうにしていた女性だったが、部屋に着くなり豹変(ひょうへん)して、太郎に襲いかかった。太郎が女性にしがみつかれながらも部屋の外まで逃げ出したところに三好が偶然通りすがり、われに返った女性は、太郎をパンツにYシャツ姿という格好のまま部屋の外に放り出した。

ネット上では、「こんなドラマのシーン初めて見た!」「逃げる高橋一生かわいすぎ」「野獣に襲われる一生さん」「Yシャツとパンツ姿は、どんなイケメンでもさすがにカッコ悪いねw」とさまざまなコメントが上がっていた。

Yシャツとパンツ姿の高橋一生がカッコ悪い!「東京独身男子」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW