ファンキー加藤、3年ぶりバラエティ復帰......W不倫騒動後「ラブソングが作れなくなった」

2019/5/14 17:30

W不倫騒動を起こした歌手のファンキー加藤が、5月13日の日本テレビ系「しゃべくり007」で、3年ぶりとなるバラエティ復帰を果たした。騒動後の生活や、楽曲の変化について語った。

サムネイル
イメージ画像(GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)


ファンキー加藤出演「しゃべくり007」最新話を配信中>>

騒動後初のバラエティ出演ということで、ファンキー加藤は少し恐縮した様子でスタジオに登場した。チュートリアル・徳井義実から「曲作りって変わってくるんですか?」と質問が飛ぶと、加藤は、「ラブソングは一切なくなりました」と答えた。「何回かラブソングも挑戦したんですけど、(書いてると)「どの口が言ってんだよ!」って」と説明し、スタジオの笑いを誘った。

番組MCを務めるくりぃむしちゅー・上田晋也に「『復活できるのかな』とか『このまま引退しちゃおうかな』という思いがよぎることはなかったですか?」とたずねられると、加藤は、「正直ありました」と告白した。「もともとアナログ人間」という加藤だが、あまり家から出ないですむように「家の中のネット環境を整えることから始めた」とのこと。買い物は通販で購入するようになり、食事も宅配サービス「Uber Eats」を利用していたことを明かした。また、「映画の撮影もありましたが、今より10kgくらいは痩せていた」と当時を振り返った。現在はようやく前向きになり、音楽活動も精力的に行っていることを報告して、ファンを安心させた。

ファンキー加藤出演「しゃべくり007」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW