ここから本文です

テレビ東京系ドラマ「癒されたい男」第6話が、5月15日に放送された。タレントの森咲智美が女医、女優の渡辺舞が看護師役で登場した。鈴木浩介演じる秋山寛が繰り広げた妄想が「アホすぎる」と話題になっている。

サムネイル

イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


ドS女医やナース......美女たちとの妄想を脳内で繰り広げる>>

「癒されたい男」は、月島冬二が「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)にて連載していた同名漫画が原作。仕事に疲れた中年男・秋山寛が、街で出会った美女たちとのさまざまな妄想を脳内で繰り広げる。

会社の健康診断でなぜか産婦人科へ行くことになった秋山は、清潔感あふれる美人看護師(渡辺舞)に出会う。秋山は彼女をすぐさま"純白萌子"と心の中で命名。診断室では、黒縁メガネと網タイツを履いたクールな美人女医(森咲智美)に出会うと、網目ハク子と名付けた。美女2人への秋山の妄想はどんどんふくらんでいき、「愛の肺活量検査」「愛の身体検査」といった謎のワードが脳内を飛び交った。

秋山の人並み外れた妄想力に、ネット上では、「秋山アホすぎる」「どういう脳みそしてんだよw」「バカバカしいけどジワる」「家族と一緒に見れないんですけどw」といった声が上がっていた。

ドS女医やナース......美女たちとの妄想を脳内で繰り広げる>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ