ここから本文です

アニメ「進撃の巨人」第52話が、5月12日深夜にNHK総合にて放送された。これまで目立たない印象だったベルトルト・フーバーにスポットライトが当たり、Twitter上で「ベルトルト」がトレンド入りするほどの盛り上がりを見せた。

サムネイル

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


【無料配信】「進撃の巨人 Season 3 Part.2」最新話を配信中>>

「進撃の巨人」Season 3 Part.2が、4月28日深夜より放送中。最新話「光臨」では、調査兵団の新兵器・雷槍による攻撃を受けて活動停止したはずの"鎧の巨人"が、再び動き出し、咆哮(ほうこう)を上げた――。

超大型巨人の正体であるベルトルトだが、控えめな性格で、これまでアニメの中でも彼が前に出るシーンは少なかった。しかし、最新話では、ベルトルトが戦いへの覚悟を決めた。視聴者から「覚悟を決めたベルトルト、声の演技含めて素晴らしかったなぁ...」「ベルトルトに泣かずにはおれなかった」「ベルトルトがカッコよすぎ!!」といった声が上がり、Twitter上では、「ベルトルト」がトレンド入りを果たした。

ベルトルト役を演じる橋詰知久は放送後、「母の日で電話した時に今日、いっぱい喋るんだって伝えてたら普段、アニメは観てくれなかった母から『観たよ。良かった。』ってメールが来た。オンエア遅い時間なのにありがとう母さん」とツイートした。「養成所に入ったのが22の頃ですかね 入ってみると全日制の専門卒のクラスメイトばかりで焦りましたね 僕は芝居経験も何もなかったので兎に角何か吸収せねばとチャレンジしてエキストラもその一貫ですね」と振り返り、「ナレーションのワークショップを受けて活路をなんとか切り拓きアニメこんな良い役出来たよ母」としみじみ。橋詰にとっても「進撃の巨人」第52話は思い入れの深い回となったようだ。

【無料配信】「進撃の巨人 Season 3 Part.2」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ