ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。5月18日の放送では、ロックバンド・KEYTALKのボーカル兼ベース担当の首藤義勝が登場しました。

サムネイル

イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


KEYTALKのボーカル兼ベース担当・首藤義勝が登場「有吉反省会」>>

KEYTALK は、2015年に日本武道館でのワンマンライブを成功させるなど、20代女性を中心に絶大な人気を誇るロックバンド。メンバーの首藤は、「特技が"利きえんぴつ"なこと」を反省しました。利きえんぴつとは、えんぴつを舌で舐(な)めて"HB"や"2B"といった芯の硬さを当てるというもの。本人は「音楽以外の唯一の特技であり、ちょっとした誇り。他にこれができる人はいないでしょ」と自慢気に語りますが、周囲はドン引きなのだそうです。

スタジオにはKEYTALKのメンバーがそろって登場して、首藤が、F、HB、B、2Bの4本を対象に利きえんぴつを実演しました。周囲が奇異な目で見ている中、見事Fを的中させ、さらに他の3本も当てていました。

また、ひな壇に座るタレントのぱいぱいでか美が、首藤と面識があることも判明。ぱいぱいは、「DJイベントみたいなところで泥酔したお客さんに私が悪絡みされていたら、首藤さんが「おい、ダサい絡み方すんな!」って助けてくれた」というエピソードを披露しました。しかし、首藤にその後「ねぇ、本当におっぱい大きいの?」とたずねられたとのこと。「助けてくれたと思ったら、結局口説きみたいな......」と暴露されて、首藤はたじたじでした。番組MCを務める有吉弘行たちからイジられて、首藤も「その後がよくなかったですね」と苦笑いしていました。

そんな首藤への禊(みそぎ)は、「ノーギャラでえんぴつメーカーのテーマソングを作曲」というもの。首藤は「好きなものなので頑張れると思う」と力強く宣言しました。この禊(みそぎ)は近日公開の予定です。

KEYTALKのボーカル兼ベース担当・首藤義勝が登場「有吉反省会」>>

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ