ここから本文です

テレビ東京系ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」で乃木坂46の山下美月とW主演を務める萩原利久が注目されている。萩原は子役時代、フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」でオカレモンJr.として活躍していた。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【無料配信】「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」最新話を配信中>>

イケメン若手俳優として注目されている萩原利久は、20歳ながら10年を超える芸歴の持ち主だ。子役時代には、ナインティナイン・岡村隆史のふんする人気キャラクター・オカレモンが「めちゃ×2イケてるッ!」を通じてプロデュースしていた子役グループ・オカレモンJr.として活躍し、NHK「週刊こどもニュース」にも次男りく役で出演していた。

その後は、映画『暗殺教室』、映画『帝一の國』、TBS系ドラマ「あなたには帰る家がある」、日本テレビ系ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」など数々のヒット作品に出演し、順調なキャリアを積み上げている。

そんな萩原は、「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」で、ビデオの中から現れた美少女"ビデオガール"のマイに翻弄(ほんろう)される普通の男子高校生・叶野健人役を好演している。現実離れしたストーリーの中でも自然な演技には、視聴者からも「イケメンなのに普通の人に見える」「セリフがナチュラルで見やすい」と評判。5月16日に放送された第6話では、マイが姿を消してしまって半狂乱になるシーンも見事に演じ切った。地上波ドラマ主演という大役をつかみ、若手実力派として評価を高めていきそうだ。

【無料配信】「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ