ここから本文です

5月24日から公開中の劇場アニメ『プロメア』の今石洋之監督と、脚本を務めた中島かずき氏の独占インタビューが公開された。2人の作品は海外でも人気を集めているが、今石監督は「海外でウケるように細工している感覚はない」と語った。

サムネイル

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG


【特別映像】今石監督と中島氏の独占インタビューも 公開記念特番「延長戦」>>

【予告編映像】劇場アニメ『プロメア』(5月24日より公開中)>>

今石洋之監督と中島かずき氏による最新作『プロメア』。人気テレビアニメ「天元突破グレンラガン」、「キルラキル」を手掛けた黄金タッグが、思いの全てを注ぎ込み、新時代にふさわしいバトルエンターテインメントを誕生させた。世界中から注目を集める作品を世に送り出し続けるアニメーションスタジオ・TRIGGERが制作を、ゲーム・映像の領域において"アドレナリン全開"のコンテンツを展開する製作会社・XFLAGが製作を担当している。

制作陣もさることながら、声優陣も超豪華。松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人の3人に加え、ケンドーコバヤシ、古田新太が名を連ね、他にも人気声優・佐倉綾音や、TRIGGER作品の常連である実力派声優らが脇を固めている。

サムネイル
(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG



同映画の製作に携わっている株式会社ミクシィ・映像企画グループプロデューサーの鵜飼恵輔氏は、「令和アニメ新時代を切り拓く嚆矢、熱さ&アドレナリン全開ノンストップハイスピードアクションバトルエンタテインメントオリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』! 見どころ? そんなの全部に決まってる! どこを切り取っても見どころしかない本作『プロメア』、言葉ではとても語り尽くせぬ魅力を、是非、劇場の大画面で感じ取って頂ければ幸いです!」とサイトに熱いコメントを寄せている。

動画配信サービス「GYAO!」では、放映された公開記念特番の「延長戦」を独占公開している。動画には、今石監督と中島氏の独占インタビューも収録。作品の海外人気について今石監督は、「そんなに僕個人は、海外でウケるように細工しているって感覚はなくて、単純にエンターテインメントをやりたい、娯楽に徹して作りたいって思いでやってるところがあった」と語っていた。これに対して中島氏は、「今石さんの思考が"西海岸"なんですよ。ドライでハイスピードで面白いエンターテインメントを作りたいっていうのが、今石さんの思考」と海外でウケる理由を分析していた。

サムネイル
(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG


『プロメア』は、突然変異で誕生した炎を操る人種バーニッシュが、全世界の半分を焼失させた30年後が舞台。攻撃的な一部の面々が<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロ(松山ケンイチ)と、マッドバーニッシュのリーダー・リオ(早乙女太一)の熱き魂がぶつかりあう。

【特別映像】今石監督と中島氏の独占インタビューも 公開記念特番「延長戦」>>

【予告編映像】劇場アニメ『プロメア』(5月24日より公開中)>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ