築150年、家賃5000円の激安物件......サンシャイン池崎たちが衝撃の貧乏エピソードを披露

2019/5/28 12:13

お笑い芸人のサンシャイン池崎やモデルの佐藤エリたち実家が貧乏な芸能人8名が大集合して、衝撃エピソードを語り合った。実家の写真なども公開している。

サムネイル
イメージ画像(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)


紐でなんとか倒壊を防ぐ、築150年 家賃5000円の激安物件>>

5月26日放送のカンテレ「マルコポロリ!」で、「平成の時代をたくましく乗り越えた貧乏芸能人大集合SP」が行われた。サンシャイン池崎、佐藤エリ、楊原京子、バッドボーイズ・清人、河邑ミク、ハリード・カズヤ、汐田パンダ、あきちゃんの8人が登場した。

もはや貧乏企画ではおなじみのサンシャイン池崎の実家だが、共演者たちの実家も負けてはいなかった。カズヤの家は、築150年の家賃5000円で、松の木に括り付けた紐(ひも)でなんとか倒壊を防いでいた。清人は、「米兵が遊び半分で作ったたまり場」が家族の住まいだった。佐藤エリの実家の写真が紹介されると、共演者からは「清人と一緒」「(写真の)角度を変えただけ」とコメントが飛び出すほど、ボロボロの掘っ立て小屋だった。

清人は、天井裏に野良猫が住み着いていたエピソードも語った。天井のベニヤ板が「もっこり」していたが、ある日、猫の重みに耐えきれずにベニヤ板が抜けてしまい、数十匹の猫たちが天井から落ちてきたと明かした。すると、サンシャイン池崎が「僕の家もありました」と父親が同じ体験をしていることを語った。さらに佐藤エリも「うちもきました」とコメントした。どうやら、猫の重みで天井が抜けるのは"あるある"らしい。

紐でなんとか倒壊を防ぐ、築150年 家賃5000円の激安物件>>

(文/沢野奈津夫@HEW