SHOKICHI、EXILE加入10周年を振り返り「かけがえのない日々」

2019/5/29 10:50

SHOKICHIが、「いきなり大きいグループに入ったので、苦労はしました」とEXILEに加入してからの10年間を振り返った。

サムネイル
イメージ画像 Live music background.Vintage microphone and public(写真:アフロ)


SHOKICHI、インタビュー映像>>

SHOKICHIが、DAMのあるカラオケルームなどで見ることができる音楽情報番組「DAM CHANNEL」に登場。学生時代からバンドを結成し、楽曲制作を行っていたというSHOKICHIは、「(バンドの)みんなでお金出し合って、MTRっていう録音機材を買って、オリジナル曲を作って......、青春でしたね」と10代の思い出を振り返った。そして、「曲作りのノウハウじゃないですけど、そういうものが今でもずっとつながっていると思います」と語り、全楽曲の作詞作曲を自ら手がけたニューアルバム「1114」(5月15日より発売中)のルーツを明かした。

また、EXILE加入当初については、「いきなり大きいグループに入ったので、苦労はしました」と明かした。「試練じゃないですけど、しっかりと向き合って、それを1個1個乗り越えて、その間にもしっかり音楽作りをずっとやった。その積み重ねが今につながっているというふうに思っている」と語り、10年間の奮闘を「かけがえのない日々」と噛(か)み締めていた。

SHOKICHI、インタビュー映像>>

(文/沢野奈津夫@HEW